スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

辛い経験、でもよかった。

今日は、待望のカフェ。
別れの曲も合宿時よりも仕上がってきたし、昨日レッスンで6度の和音の脱力も教えてもらえ、いい感じになってきたと、意気揚々とカフェに向かう。
しかし、カフェでとんでもないことが・・・
6度の和音の前の和音の上昇から緊張で手が震え危なくなってきて、6度の和音が全く弾けなくなってしまった。
練習では、6度の和音は特に問題なく、その前の上昇和音を落ち着いて弾こうと考えていた。
でも、カフェでは危惧していた上昇和音で案の定音をはずし、6度の和音でパニックに。
このまま、いやな気持ちでカフェを終わらせたくなかったので、リベンジを誓いもう一度弾くが、6度の和音で止まってしまい楽譜を見ても鍵盤を押さえることができない。
6度の和音は緊張しても弾けるよう、ゆっくり何度も繰り返し練習してきた。
レッスンでも家でも止まってしまうことはなかった。
これが発表会本番だったらと考えるだけでぞっとしてしまう。
今できることは、明日からゆっくり反復練習を繰り返すしかない。
今できることを精一杯やるしかないのだ。

ピアノ演奏は人前で弾けなければ「弾ける」ということにはならない。
絶対に克服してみせると新たに意欲が沸いてきた。
今日のカフェの失敗は、自分の実力のなさが露見して、自分にとっていい教訓なのだ。
スポンサーサイト

朝から発泡酒

今日は待望のカフェ。
今は朝7時半、カフェまで7時間半あるということで珍しく朝から発泡酒を飲んでしまった。
普段休日は、ピアノ練習のためお酒はピアノ練習が終わった後、夜10時以降にしか飲まない。
でも過去の経験上、1日の集中力には限界があり練習しすぎると本番では逆に集中力を保つのは難しい。
この期に及んで練習してもどうなることでもないので、今日は練習しないでカフェで弾くことに決めた。
(休日出かける用がないときは、ほとんど1日中ピアノに向かっている。)
あと一本だけ発泡酒を飲んで、カフェに行く時間まで寝ていよう。
果報は寝て待てだ。

本日のレッスン

今日のレッスンで、まず発表会出演順を知らされた。
まだ、プログラム作成中であるが、私の出番は午前中(10:00開始)の大人の部だそうだ。
前日酒飲んでいる場合じゃないな。

今日も別れの曲のレッスンだが、主題については、テンポを中心に。
そして初めて6度の連続和音につき、脱力、肘の使い方の指導を受けた。
家で6度の和音を復習したが、今までよりも弾きやすく鍵盤にはまる感じ。
明日のカフェに備え、平均律1巻3番前奏曲、悲愴3楽章も併せて練習。

家の蕎麦の在庫が切れていたので、ピアノ教室の帰りに昼食を買いに家の近くのコンビニ風のお店に寄ったが、芋焼酎と発泡酒に目がいってしまい、肝心の昼食を買うのを忘れ、しかたなく、ご飯に卵をかけてインスタント味噌汁の昼食。
もう、呆けがはじまっているのか(それとも昼食よりもお酒が大事?)
いずれにしてもまずい。気をつけなければ。

ショパンバラード4番(アシュゲナージ)を聴いて寝るとしよう。

かなりへべれけ

酔っぱらっちゃった~。

悪いことはできなくなる。

会社では、セキュリティ強化のため、電算室の入退室管理に指紋照合が導入された。
今日、指紋登録を行ったが、あまりいい気持ちがしない。
私の指紋がデータとして会社に残るわけだ。
これからは、悪いことはできないな。(今までやっていたわけではないが)

ピアノ練習は昨日同様、悲愴3楽章、平均律、別れの曲。
悲愴は昨日より進歩がみられたのが嬉しい。
別れの曲は、緊張していても確実に弾けるための反復練習という感じで、余り進歩は感じられない。
でも本番まであと2ヶ月あるので、もっともっと曲として仕上がるよう惰性で弾くことなく、一音一音集中しなければ。

早くこいこい日曜カフェ

今日は、悲愴3楽章、平均律1巻3番前奏曲、別れの曲の順にピアノ練習。
悲愴3楽章、先週弾きはじめたときよりは大分いい感じになってきたが、来週のカフェまでに仕上げるのは無理。
せっかく復習をはじめたのだから、このまま継続して来月のカフェでも弾いちゃおう。
平均律1巻3番前奏曲もまだ譜読みを終えているとはいえないが、気軽に弾けちゃうのがカフェのいいところ。

ピアノサークルの来店者数は延100,000人突破、私が還暦を迎えるころには来店者カウンター6桁では足りなくなってしまう。

反省

カフェ・スモールピアノでは、カウンター席に書き込んで下さった方が、気軽にカフェに参加できるよう返信を打ったつもりだった。
でも、女房に「キティちゃん」なんてきもい。
せめて「キティ」だったらいいけど、逆に引いちゃうよ・・・と言われ確かにそうかも。

カフェ繁栄のため微力ながら力になりたいとやった行為が逆にカフェから遠ざかられる原因に・・・

レギュラー席のノリで「キティちゃん」って言っても初めての人は引いちゃうよな~。

反省。

まずはカフェに向けて

12月23日の発表会に向けて別れの曲を練習しているが、毎月練習成果を試すことができるカフェは本当にありがたい。
人前で弾くと欠点が浮き彫りになるので、その後の練習課題が明確になる。
もちろん、レッスンで先生の前で弾くことも人前で弾くことには変わりなく、その上、その場で演奏上のアドヴァイスを即座に受けられるのだから、レッスンが上達への一番の早道だ。
でも、大勢の前で弾く緊張はまるで違う。
緊張の中弾けないところは、普段は勢いで弾いてしまって実は不安定な箇所だと思う。
そこがちゃんと把握でき、また試す場が一ヶ月後に用意されているカフェに参加して本当によかった。
カフェに参加して1年半弱。
カフェに参加していなかった3年間以上の成果があるのではないだろうか。

合宿では、ラージさんに別れの曲、6度の和音の直後の部分で「左手もっと出して」とアドヴァイスを受け、今日、意識して練習してみたが、左手でうたうところだと実感でき、また一歩進歩したと思える。

日頃の練習がなければ、アドヴァイスを受けてもすぐに直すことは出来ない。

ピアノの先生、カフェでアドヴァイスして下さる方の意見を即座に受け入れられるよう残り2ヶ月、精一杯練習していきたい。

来年の合宿に向けて

サークルの合宿とっても楽しかったが、せっかく高原のホールのグランドピアノを弾ける機会なのにレパートリーが少ないのが寂しかった。

来年の合宿に向け、レパートリーを増やさなければ。
レッスン曲の復習もまめにやらなくては、いざ弾こうと思っても指が動いてくれない。

でも、その前に12月23日の発表会に向け、別れの曲の練習が先決かな。

今日は家に着いたのが10時過ぎだったので、ピアノ練習は30分だけ。
悲愴の3楽章を復習してみたがやはり名曲。

別れの曲を練習しながらも、いつ何時でも弾けるレパートリー作りのため1日1曲は復習にあてよう。

合宿2日目(寝言)

今日は寝言で、同室の人を起こしてしまったよう。
以前からこのようなことがないか女房に確認したら、人と対話するような「寝言とは思えない」発言をしていたようだ。
寝言は自己制御のしようがない。
脳天気な私でも、日頃のストレスが寝言で出てしまうのかな~?

合宿1日目

昨晩は、サークル初合宿に興奮して?一時間しか眠れなかった。(お酒抜いたからかな?)
朝、一時間程家で練習して合宿先へ。
途中サービスエリアで「キムチほうとう」に七味を沢山かけて食べ、秋だというのに汗だく。
合宿先の高原のホールは、広々して気持ちいい。
夕食後の演奏会では、別れの曲と悲愴ソナタ3楽章。
別れの曲は中間部の6度和音で左手をはずしまくるが、演奏を止めるのはまずいと無視して先に進めた。
12月23日の発表会に向けての課題がはっきり。
あと2ヶ月、ゆっくり確実に打鍵できるよう6度の和音を練習しよう。
レッスンでは、6度の和音についての指摘は全く受けていない。
今の力量では、弾き方うんぬんより弾けるだけでまずはよしと判断してのことかな?
発表会に向け、これから6度の和音をゆっくり確実に弾けるはやさで毎日練習しようと思う。
発表会当日は、難しいところの演奏に気にしすぎて、せっかくのレッスン事項をおろそかにせぬよう、今まで先生が一生懸命教えて下さった主部を想いを込めてうたいたい。

昨日のお酒がまだ抜けない

昨日は、飲みすぎ。
今日は、真っ直ぐ家に帰ったが、まだ体調が芳しくない。
明日の合宿に備えおとなしく寝よ。

反省

元出向先メンバーと呑みすぎて泊まってしまった。
明日は真っ直ぐ帰ってピアノ練習しよ。

台風で

台風のため、終業ベルの後すぐ帰宅。
おかげで、2時間以上練習できた。
豪雨のときは、多少音量を上げても音が外に漏れにくいのでピアノを弾く上では嬉しいものだ。

練習した曲は、平均律1巻3番前奏曲、昨年8月のカフェで弾いたアリエッタとまだ人前で弾いたことがない悲愴3楽章の復習、別れの曲。
平均律1巻3番前奏曲は、2番フーガ、ショパンワルツ5番の後にレッスン予定なので、レッスンで見てもらえるのは早くて来年中旬か?
でもワルツがあまりに難しいのでワルツと順番が前後するかも知れない。
難しい曲は譜読みをしっかり行い、自分なりに仕上げてからでないと習う側も教える側も苦痛だろう。
平均律1巻3番前奏曲は、レッスンで見てもらっていないので、まだ全く曲になっていない思うが、とても清々しく、弾いていて気持ちいいので思い切って合宿で弾いてしまおう。

合宿が待ち遠しい。
夜の星空観測会に、どの位着込めばいいのか合宿場所の天気予報を調べたが、23日は最高気温19℃最低気温11℃、24日は最高気温18℃最低気温9℃でともに晴れの予報。

ダウンジャケットを持ち込むほどではなさそうだ。

眠い

眠い。
別れの曲と悲愴を練習したから、もう寝よ。

復習もしなければ

今日のピアノ練習は、はじめに悲愴3楽章を弾いてみたが難しい。
合宿当日、自由練習の時間にみんながざわついてる間に弾いてしまおう。

最近、新しい曲をやることで手一杯だったが、復習は大切と思わせてくれた悲愴に感謝。

以前、レッスンで見てもらった曲も、ちょっと弾かなければすぐに弾けなくなってしまう。

でも、その曲のレッスン時よりも、技術、音楽性両面において少しは上達しているはずだ。

最初はレッスン当時のようにすらすら弾けなくても、ちょっと弾きこむと新たな発見、また技術的に困難だった箇所も今はさして苦にならないかも知れない。

レパートリーと呼べる曲をつくるためには、復習をして自分のものに一歩でも近づけなくては。(常に自分のできることを注ぎ込んだ曲をレパートリーと呼びたい)

たいがい、レッスンでは2~3ヶ月程度で曲を終了する。

でも、それは今の自分の力量のなかで、これ以上この曲を弾くより他の曲を弾いたほうがいいと判断してのこと。
決して、曲が仕上がっているわけではない。
技術、表現力が上がればまたレッスンでの課題も違ってくるで、また同じ曲をレッスンしてもらうのもいいかも知れない。ただ、同じ曲をレッスンしてもらう以上は明らかに進歩を実感してからでないと意味がないが。

合宿前最後の休日

午前中は、大リーグ観戦。
午後は、合宿に向けてのピアノ練習と昼寝の繰り返し。
曲は、別れの曲と平均律。
今更、手を拡げることも無理なので、これからの一週間はこの2曲だけの練習予定だったが、BBSを見るとゆりゆりさんから悲愴3楽章のリクエストが・・・
明日から一週間、気合を入れて朝練だ。
合宿には、気が向いたら弾けるように、過去のレッスン曲の楽譜だけは持っていこう。

合宿間近

合宿で弾ける曲がないので、バッハの平均律1巻3番の前奏曲の譜読みが終われば、ちょっとだけレッスンで見てもらおうとも思ったが、今朝、弾いてとてもレッスンで見てもらえる状態ではないと諦めた。

レッスンでは、発表会のプログラム進行のためか、最初に曲の長さを計った。
「時間を計ります」と言われただけで、途中で止まってはいけないと、緊張が増した。

こんなことで本番大丈夫なのだろうか。

レッスン内容は、曲想のつけかたが主だった。

来週は、ピアノサークルの合宿。
別れの曲以外に何を弾こうかな?
ゆりゆりさん、ご提案のポピュラー一曲マスターもいいかも。

飲まずに練習

金曜日だが飲まずに帰り、昨日同様、バッハ平均律1巻3番前奏曲の譜読みと別れの曲の練習。
会社の帰りに飲む酒もうまいが、やはり練習後の酒は格別だ。

私はもうお爺さん?

今朝、通勤電車の中で音高生らしき(「チャイコフスキーのロミオとジュリエットの音階はまるで苛めだよ。」などと話ながら音高のある駅で降りていった)女子生徒の会話にたまげた。
「この前さ、中1の子と一緒に練習したけど、若いね~。若さの差を感じたよ。今まで私、自分では若いと思っていたけど、もう若くないんだね。」としみじみ言っていた。
高校生(もしかしたら中学生かも知れない)で「もう若くない」??

私など、もうお爺さんを通り越して棺桶に片足つっこんでいる?。

今日の練習は平均律1巻3番前奏曲の譜読みと別れの曲。
爺さんは無理せず、はよ寝よ。

合宿に向けて

10月23日のピアノサークル合宿に参加することに決めたが、弾ける曲が全然ない。
別れの曲以降にレッスン予定のバッハ平均律1巻2番のフーガは弾き方自体がわからないので、レッスンで見てもらってからじゃないととても弾くのは無理。
ショパンのワルツは難しすぎて問題外。
今度の土日で、過去のレッスン曲を浚ってみようかな。
今日のピアノ練習は、バッハ平均律1巻3番の前奏曲と別れの曲。
バッハの前奏曲をレッスンで見てもらうのは当分先のことだろうが、心洗われる名曲。
まだ譜読みもすんでいないが、他に弾ける曲もないので、秋の高原の清々しさにはとてもマッチしているこの曲を弾いてみようかな。
別れの曲は左手の動きが大分スムーズになってきた。
根気よく教えて下さる先生に心から感謝。
あと2ヶ月、自分の範囲で出来ることは全て出し切りたい。

400円追徴

会社帰りに駐輪場に寄ると、4日分の追加使用料を徴収された。
そういえば、金曜日からタクシー帰りが続き、ずーっと置きっ放しだった。
そのままスーパーに寄って発泡酒を買い、久しぶりに雨の日ポイントがたまった。

家に着いてから一時間弱ピアノ練習をしたが、もうそろそろ冷凍庫に入れて置いた発泡酒も飲み頃。
冷えすぎないうちに、飲んで寝るとしよう。

と書きながら、発泡酒を飲んで夜更かししてしまった。
最近、全然はじけてない。思いっきりはじけたーい。

コピー楽譜で練習

発表会に備え、コピーした楽譜を譜面台に並べて別れの曲を練習。
譜めくりの手間が省け、練習がはかどる。
練習は、通して弾いてたり、レッスンでの指導事項の左手の使い方、レッスンでまだ指導を受けていないがミスタッチしやすい6度の和音の連続箇所の部分練習等。
とにかく別れの曲を弾いている限りは譜面に手を触れないでいいので楽チン。
台風の中、レッスンから直接、休日出勤して楽譜をコピーした甲斐があったというものだ。

明日はピアノ三昧

今朝は、眠さに負けて朝練できずに出勤。
でも、覚悟していた明日の出勤はなくなったので、明日は1日ピアノ三昧だ。
家に着いたのが2時近いのでもう寝よ。

レッスン&出勤

今日のレッスンは、先週同様主に左手の動き、歌い方についてだが、先週とは違う箇所。
レッスン後は、そのまま電車に乗り休日出勤。

台風のためか、車内が空いていて座れたため、楽譜を開いて頭の中でレッスン内容の復習。

明日も出勤、早起きして出勤前に1時間はピアノを弾きたいが、それはこの日記を書いて、すぐ寝るか、ちょいと一杯がイッパイになってしまうかにかかっている。

レッスン嬉しい。

明日のレッスンは休日出勤のため諦めていたのだが、結構仕事が順調にいったので、出勤はピアノレッスン後でも何とかなりそう。
レッスン後に、実際鍵盤に触れる復習はできないが、電車の中で楽譜を見ながら指摘事項を頭の中で復習しよう。
発表会用の楽譜コピーも明日、会社でとっちゃおうっと。
家に着いたのは2時過ぎなので、明日(今日)に備えてもう寝なければ。

早よ寝よ。

今日は、疲れたのでベートーヴェン様に夢の世界に連れていってもらおう。
明日、早く起きれたら朝練だ。

ちょっとだけ練習

今日は時間があまりないため、先週のレッスンで指導を受けながらいまだに弾きにくい43小節から45小節までの部分練習だけ。
昨日、日記をかきながら思いついた通り、アクセント(盛り上がり)を意識して弾くと、割合すんなり指定箇所で旋廻(脱力)ができた。
先生が教えて下さることは、ちゃんと意味があってのこと。
素直に先生から指導を受けたことを守る意識がないと、結局損をするのは自分だ。

今日のピアノ練習

今日は、明日からの激務に備え早めの帰宅。
今週、夜練習できるのは今日だけかな。
まずは、平均律1巻の2番と3番の前奏曲。
3番の旋律には心洗われる。
その後に別れの曲の練習だが、前回のレッスンで指導を受けた43、45小節の左手の脱力(手首の旋廻)がすんなりいかない、時に右手と合わせると。
レッスンでは、5音目と8音目に手首を旋廻して脱力するよう指導を受けたが、4音目と8音目のほうがすんなりいく。
先生の指導通りやるべきかどうか迷ってしまう。
今までは、先生の指導通り意識してやってきたのだが、今回は両手で合わせると4音目の脱力が自然に出来る感じなので、要は脱力ができればいいのか否か、先生に今すぐ問い合わせたいくらい。
今週は休日出勤のため、レッスンは2週間後。
我流の癖をつけてしまうと上達が遠回りになってしまう。
弾く上では、下降から上昇に向かう部分が旋廻のタイミングとしてやりやすいだが、音が一番上昇したところにアクセントつけるための脱力かもしれないと
日記をかきながら思いついた。
思いつくまでは、「自分がやりやすい脱力を主にやりながらも教わった通りの脱力も1日1回は弾くことを心がけよう(次回レッスンで自分のやりやすい脱力で指摘を受けてもすぐに修正が利くように)」と思っていたが、やはりまだまだ基礎ができていない自分としては、素直にレッスンを受けることが上達の早道だろう。

疲れた~。

今日は、帰りが遅かったので、ピアノ練習は別れの曲をレッスンでの指摘事項を意識して2回弾いたのみ。
昨日は休肝日だったが、今朝2時からヤンキーズ戦、5時からマリナーズ戦観戦で寝不足。
ベートーベンピアノソナタ27番を聴きながら熟睡だ。

ちなみにどうでもいいことだが、「こあらちん」が「たっちゃん」に改名したのを機に、サークルのハンドル可愛らしく(イメージ通り)「キティちゃん」に変えてしまった。
プロフィール

へべれK

Author:へべれK
子供の時にちょっとだけピアノを習っていましたが終わった教材はバイエルだけ。
「お父さんのためのピアノ講座」(NHK教育テレビ)を見て触発され、この位なら自分にも弾けそうと思い30代半ばにして再開。
電子ピアノは娘が懸命にピアニカを演奏する姿にピアノがあったらさぞや喜ぶと思い購入済み。
ところがピアノはそんなに甘いものではなく、全く思うように指が動かない。
練習曲を買って半年間練習してみたけれども進め方がわからない。
これはレッスンに通うしかないとピアノ教室入会を決意。
(ピアノ教室のキャンペーン期間中で、入会者には焼肉レストラン招待券進呈が、決意を確固たるものに)

それ以来、下手の横好きでピアノを愛するへべれKです。

レッスン&オフ会記録
にほんブログ村
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ初心者へ にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ
キロック友の会
キロック友の会
イラスト けんば~んさん作
リンク
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
カレンダー
09 | 2004/10 | 11
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

brogram
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。