スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

焼肉食べ放題、飲み放題

コースを食べに家族で外出。
私はラムしゃぶ食べ放題の方が魅力なのだが・・・
スポンサーサイト

ショック

二日振りに家に帰り、楽しみにしていた「スーパーピアノレッスン」を見ようとビデオを再生したが録れていない。
月曜日、予約確認をしたのに・・・
購入して9年経っているので、買い替えの時期か・・・
でも、次世代DVD規格がブルーレイ(SONYが商品化した波長が短い青色レーザーによる片面1層最大27GB、2層で50GBの容量をもつ光学式ディスク)かHDDVD(東芝、NECなどが推する1層15GB、2層30GBの容量をもつブルーレイと同様青色レーザーによる光学式ディスク)のどちらが主流になるのか不明確な現時点ではあまり購買意欲も湧かない。(情報収集不足で、現時点ではっきりしているのかも知れないが)
物理的動作がなく、完全ランダムアクセス可能な半導体メモリーがTB単位になれば何も迷うことはないのだが。
平成4年に、直径12インチ(約30cm)、容量1TBの光テープ商品化でびっくりしたものだが、今では表面積で圧倒的に不利なパソコンHDDでさえ1TBが実現。
メモリー、HDDの容量は着実に指数的(対数グラフで直線的)な伸びが・・・
実現不可能だろうが極限の値(限界値)として原子単位にビットを割り当てられれば1立方mmの大きさで最大(10^21)/8バイト(1T*1Gビット)の容量になる。果たしてどこまで近づくのだろう?

飲み過ぎて

泊まってしまった。

ワルツに専念

9月以降のレッスン曲がまだ決まっていないので、今は5月~8月レッスン予定のワルツ5番に専念。
今まで、平均律とワルツを並行して練習してきたので、一曲に専念すると当然のことながら同じ練習時間でもより細かい練習できる。
といってもまだまだそんな段階ではないのだが。
とにかくゆったりとしたテンポで気持ちを集中させて・・・

5月からのレッスンに向けて

昨日はサロンコンサート&カフェ、2次会で酔っ払ってしまいほとんど何も日記に書かずに寝てしまった。
サロンコンサートを振り返るとスタジオに着くまではリラックスしていて全く緊張はなかった。
しかし、いざスタジオに入りグランドピアノ、集まった人達が目に入った途端緊張が走る。
平均律フーガ果たして弾けるのだろうか、鍵盤の押さえる順番、位置のイメージが全く湧かず「緊張していても弾けるようもっとやさしい曲にしておけばよかった」と不安が込み上げる。
今回、大人の生徒が私だけということも緊張を増す要因に・・・
でもすでに客席に着いているレントさんと目が合い安堵感が。
前回とは違い緊張しながらも足が震えるということはなかった。
ミスタッチも多かったが、ナチュラル記号をフラットのまま弾いたり、逆に臨時記号でフラットがついている箇所をナチュラルのまま弾いたりの間違いだったので、それほど不協和音にはならず曲を知らない人には辛うじて誤魔化せたか?
今日の夕ご飯は、昨日レントさんからいただいた竹の子で作った美味しい煮物。
レントさんに感謝するとともにいつも美味しい手料理を作ってくれる女房にも感謝。
今日の練習は昨日のサロンコンサートを回想しながら平均律を一回弾いた後は5月からレッスン予定のショパンワルツ5番。
ゆっくりミスタッチがないように通して繰り返し弾いた後、弾きにくい部分を更にゆっくり部分練習。
4ヶ月間だけ教わる先生のレッスン、難曲なので仕上げるのは困難だが、後から振り返り心に残る4ヶ月間となるよう今から2週間精一杯練習だ。

一区切り

サロンコンサートも無事終え、待望のカフェ。
でも、2次会で焼酎を飲みほとんど覚えていない。

何はともあれ無事レッスン終了

サロンコンサートは4月ということで休日出勤が心配だったが、今日無事今の先生最後(4ヶ月お休み)のレッスンを終えサロンコンサートを残すのみ。
指導事項は
音が浮いているところは、腕全体を使い脱力した腕の重みを指だけで支えるように弾くこと。
ブレスが出来ている箇所がまちまちなので(特に後半)、前半と同じようにしっかりブレスすべき所はすること。
旋律を綺麗にうたえること等。
ようするに、いつもと変わらないレッスン。

レッスン後は日頃の疲れを癒し体調を万全にするため足裏マッサージに・・・
しかし残念ながら混んでいていつもより10分短いコース。
10分短い分浮いた1,050円で「スーパーピアノレッスン」テキストを購入。
そしてスタミナをつけるため、ラム肉、キャベツ、もやし、ジンギスカンのたれを買い、家で一人ラムしゃぶ。
その後十分な休息(昼寝)・・・と今日やるべきことはすべてやった。

いよいよ明日はサロンコンサートとカフェ。
新しい先生との顔見せ、レントさんと久しぶりに会えること(今の教室はやめられたが聴きにきて下さるそう)、そしてカフェ仲間と会えること。
とにかく明日が楽しみだ。

迷っているのは昨年から・・・

5月からのレッスン曲、ショパンワルツ5番でほとんど決めかけていたのに今となってまた迷っている。(平均律3番前奏曲、クーラウソナチネOp.20-1も候補)
迷いの最大の理由はワルツ5番が難しいこと。
新しい先生は5~8月期間限定なので、短期間で気持ちよく仕上げられる曲がいいかと・・・

昨年の日記を読み返してみると別れの曲、平均律2番フーガの後のレッスン曲は8月5日に一旦クーラウのソナチネOp.20-1に決めていたにもかかわらず、8月9日にワルツ5番に変えている(当然、当時は先生のが産休予定など知るはずもなく)
結構、人の言葉に影響を受けやすいのだ。
今日もあさってサロンコンサートだというのに告別ばかり弾いていた。
実際には「弾いていた」と言葉は全くあてはまらず、全然弾けていないのだが。

心が揺らぐ

今日は早く帰宅できたのだが、弾けもしない告別の譜読みに一時間も費やしてしまった。
4月~8月まで今の先生が産休期間中の新しい先生にショパンワルツ5番をレッスンしてもらう予定で練習してきたが、バッハ平均律1巻3番前奏曲は今年初めてのレッスンでみてもらった後2回目のレッスンが来年初めでは1年間、間をおくことになるのでもっと早くレッスンを受けたい気もする。
クーラウソナチネOp.20-1もお気に入りなのだがレッスンを受けたことがなくスケールがスムーズに弾けないのでレッスンを受けて技術的アドヴァイスをいただきレパートリーにしたい思いもある。
ショパンワルツ5番は難しく4ヶ月の期間限定でレッスンを受けなくても来年落ち着いてレッスンを受けるのもいいという気がしてきた。

明日こそは練習

今日は前出向先の決算慰労会に図々しく顔だし、途中で切り上げるつもりがお酒が入ると腰を据えてしまう。
アルコールが入ると学習能力がなくなってしまうそうなので(忘れるのではなく、そもそも記憶することが出来ない)無駄な練習はせず明日気持ちを新たに練習すればいいのだ。
でも、今年になって休日前は必ず飲みに行っている。
明日は帰り際、人と目を合わせないようにしよう・・・

スーパーピアノレッスンのビデオを見て

弾けないとわかりつつテキストを買いたい衝動にかられた。
今日は久しぶりに帰宅後ピアノの練習時間がとれたがツェルニーばかり弾いていた。
今度のカフェで弾ける曲もないし、ツェルニーを弾こうかな。

性懲りもなく

イチローと松井、今シーズンの成績で昨日と同様得点力を算出してみた。
(単打で2塁走者生還及び長打で1塁走者生還するものとして計算)
イチローチームは一試合平均21.8安打、5.2四死球13.0残塁ということで何と14.0得点。
松井チームは12.7安打2.4四死球7.9残塁7.2得点。
イチロー凄すぎ・・・このままのペースをシーズン終了まで維持して大記録を打ち立ててもらいたい。
しかしながら私が子供の時大ファンだった王選手が2年連続三冠王に輝いた昭和49年の成績をあてはめてみると
13.3安打17.3四死球13.1残塁17.5得点・・・試合が終わらない。
あまりに高い得点力に計算間違えがないか見直してみたが1試合平均5.1本もホームランが出るのだから間違いないだろう。
いくら日本球界のこととはいえシーズン通しての成績なのだから凄すぎる。
やはり王選手(監督)は偉大なのだ。

今日のレッスン

レッスン始めに24日サロンコンサートのプログラムを手渡される。
サロンコンサートまで来週のレッスンを残すのみ。
今の先生とも来週のレッスンを最後に当分お別れ、4ヶ月間は代理の先生に教わるこのになる。
指導内容は手首の使い方、ブレス箇所、うたい方等々。
特に「うたいにくそうに弾いているところは、重音のノンレガート部分につられて手首が上下しているのが原因で主題がうたえていない」との指摘に納得。
あと一週間、指摘箇所を意識して丁寧に練習を繰り返し、最後のレッスンをいい形で締めくくりたいものだ。

どうでもいいですよ。

イチローと松井、どっちが凄いのか数字で検証してみようと思い立ち昨年の成績を基に打者9人全員イチローと仮定したイチローチーム、同様に全員松井チームとで得点力の比較をしてみた。
(盗塁、犠飛、犠打による進塁は考慮外(但し犠飛は出塁率算定上母数に含める)、走者の進塁は単純に塁打分だけとして計算)
イチローチームは一試合平均15.9安打3.2四死球で計19.1出塁。13.7残塁を差引くと5.4得点。
松井チームは一試合平均11.3安打5.9四死球で計17.2出塁。10.9残塁を差引くと6.3得点。
イチローチームは出塁数は多いが、長打力に乏しいため残塁が多く計算上の得点力は松井が上だった。

但し前提条件を単打で2塁走者生還及び長打で1塁走者生還するものとして計算し直すとイチローは11.5残塁7.6得点、松井は9.7残塁7.5得点と逆転してしまう。
イチローの場合は盗塁もあるので、実際には更に得点力が増すだろう。

算式を考えるのが面倒なので数字上の検証はしていないが、イチロー、松井単独チームよりも出塁率がいいイチローと長打率がいい松井の複合チームの方が得点力はあがりそうな気がする。(松井単独チームよりもイチローにより出塁数を上げ、イチロー単独チームよりも松井により残塁数が減る効果が)

今日は一日、家でピアノを弾いていたので気分転換に意味のない計算をしてしまった。

朝帰り

もう一眠り

幸せ

今日はいやな夢で目が覚めた。
ピアノレッスンを受けようにも今のレッスン曲が何なのか忘れてしまった。
呆れたように先生が「この曲です」と楽譜をめくって下さったが、全く弾いた覚えがない。
まるで初見のようにたどたどしく、一向に曲が前に進まない。
何とも気まずく、先生、私双方にとって無駄な時間を過ごしてしまった。
せめて譜読みさえすませていれば練習不足でも指導のしようがあろうものだが、全然弾けないのでは指導のしようもない。
大変貴重なレッスン時間を無駄にしたことが余りに悲しく、今後もこの調子では限りある人生、大切な時間の浪費に過ぎないので、レッスン終了時に思い切って「今までお世話になりました。今日でピアノをやめます」と言うと、先生は全然止めもせず「そのほうがいいですね」との返答。
そこで目が覚めた。
それにしても子供じゃあるまいし、一週間練習出来ないくらいでこんな夢を見るとは。
いい年して、他に悩むことはないのだろうか?
他に考えなければいけないことは山ほどあるはずなのだが、
何も感じない鈍感な私は幸せ者(大馬鹿者?)だ。

悩む

今日は何を聴いて寝ようか悩んでいる。
ベートーヴェンのピアノソナタ31番が好きなのだが、持っているCDは全て30~32番の3曲組(バレンボイム、バックハウス、ポリーニ、アシュゲナージ)なので、初めから聴いていると31番にたどりつく前に寝てしまう。
27番も好きなのだが、持っているCDの最後に収録されているので、いつもこの曲を聴いた記憶がないまま朝を迎える。
ショパンソナタ(1番~3番収録)も1番の途中で寝てしまうのだが、いつも夜中うなされる。
寝てしまっていても2番3楽章(葬送行進曲)が聴こえているのだろうか?

結局、何を聴いて寝るか考えても目的の曲を聴く前に寝てしまうのだから悩むだけ無駄なのだが。
聴きたい曲からCDを再生すればいいのだが、几帳面な性格なためCDの最初から聴かないと気がすまない・・・というのではなく、ものぐさな私はCDを入れ替えるだけでも面倒。
入れ替えるという大作業を成し遂げた安堵感から、再生ボタンを押した途端バタンキューで、リモコンで曲番を押す余力など残っていないのだ。

今日も

発泡酒をちょっとだけ?

ベートーヴェンの後期ソナタを聴きながら

寝るとしよう。

発泡酒を一本だけ

飲んで寝よう。

レッスンを受けられた

決算業務のため土、日出勤を覚悟し今日ピアノレッスンを受けるのは諦めていたが、とりあえず日曜日だけの出勤で済み、ピアノレッスンを受けられ嬉しい気分。
指摘事項はいつも言われていることばかりだが、
「指だけで弾くと、速く弾く時に音が浮いたり硬くなったりするので腕全体の重みを利用し、手首を柔らかく」の言葉に、録音して音が浮くことが特に気になっていたので改めて「なるほど」と納得。
サロンコンサートまであと2週間しかない。
練習時間が確保できる日には短時間で効果的な練習を行えるよう、姿勢、脱力、各声部のバランス、旋律のうたいかた強弱のつけかた等をしっかり意識して確認しながら弾けるよう、ゆっくり確実に。

レッスン終了して帰宅後、夜まで寝てしまい夕食後1時間レッスン内容の復習をし今日はもう床へ・・・

眠い

ちょいべろ

疲れた。

おやすみなさい。

まだ言っている。

今日、ヤンキース松井は4打数3安打1本塁打2打点。
ここ2試合のペースがシーズン終了まで続けば、打率6割6分7厘、405打点、162本塁打、長打率13割3分3厘。
昨日と本塁打のペースは変わらず、打点は落ちるが、打率、長打率は驚異的に上げて来た。
イチローは昨日と変わらず4打数2安打、流石アヴェレージヒッター。
はや2試合が経過しシーズンも大詰め残りわずか160試合、打率5割とシーズン324安打の大記録達成に向けばく進だ。
しかし松井がこのままのペースで行くと486安打、イチローにとって記録達成も自己新でしかない可能性が・・・

今日は誰からも読まれず、自分でも後になってから決して読み返さない意味なし日記の書き直しはせず、さっさと寝よう。

可能性を追い求めて

いよいよ大リーグ開幕で日本人選手の動向が気になる。
イチローは4打数2安打・・・ということはこのままいけば324安打でシーズン最多安打記録更新、おまけに打率5割という大記録。
でもちょっとまて、前日開幕戦のヤンキース松井は5打数3安打1本塁打3打点・・・ということはこのままのペースが続けばシーズン終了時は打率6割、162本塁打、486打点、長打率(塁打/打数)は何と12割。
とてつもない大記録だ。
でもこんなことで満足していてはいけない。数字上は可能性があるのだから来年の松井にはもっと志を高くもってもらい長打率40割(全打席本塁打)を期待!(でも現実的な可能性としては初打席本塁打の後、負傷で一年棒に振ることくらいか?)

・・・会社決算の最中だというのに、こんな日記を書くのは時間の無駄(今までの日記も無駄と言われれば元も子もないが)、さっさと寝よ。
・・・と書きながらも文面が気に入らず何度も書き直している。
(タイトルだけでも 「このままいけば大記録」→「志を高く」→「可能性を追い求めて」に書き直し、今書いている最中も懲りもせず「無駄な時間」に修正したくなってきた)
・・・病気だ。

いよいよ決算

明日以降は決算が一段落するまで夜のピアノはお預け・・・ということで今日は弾き納めの意味で平均律フーガを録音するが案の定、昨日と変化が見られない。
昨日の録音を聞いていると主題の16分音符がすべっていて、主題もはっきりうたえず、音量のバランスも悪い。
もっとましに弾けるはずと録音してみたが、聞いてみると全然変わっていない。
表現以前に、重音がぼやける、音がすべる、リズムがつまるという技術的な問題もあるので、ゆっくり部分練習を繰り返し余裕をもって自分が出している音をよく聞きながら、うたえるようにならなければ変化はないだろう。
数年後、今の録音を聞いたときに「技術も表現もなっちゃいない」とさらりと違いがはっきりわかる演奏(聞く耳が進歩していることも重要だが、やはりそれを演奏できるのが理想)できるように上達してしていきたい、一歩ずつの積み重ねだ。

来月からワルツのレッスン、ゆっくり弾いてもミスタッチばかり。
明日以降、早起きできた日は目的意識を持った部分練習を重ねていかないと、あっという間に4月24日サロンコンサート&5月の新曲レッスンだ。

今日はごろごろ。

先週の飲み疲れで、昼まで目が覚めず。
昼食後と夕食後にピアノ練習。
今日はアルコール抜きで、はよ寝よ。

花見で昼間から(^^;;)

今日はレッスンの始めにサロンコンサートの正式申し込みをすると先生から「実はMさん(サロンコンサートにもつ弁が参加するよう後押しして下さいと先生にお願いした大人の生徒)が旦那様出張のため欠席するのでよろしくと言われました」と・・・
Mさんが参加されるということで心強かったのに、サロンコンサートの大人の参加者は私のみ。
「Mさんが参加されるのなら参加します」と参加表明したのに残念。
まっ、私はピアノサークルメンバーで人前演奏は積極的に参加したいと思っていたので他の参加者如何にかかわらず参加は決めていたのだが。
レッスンでは水曜日から飲み会が続き時間的には練習不足だったのだが、メトロノームを用い課題をはっきり意識して練習してきたので普段よりは練習の成果が現れた感じがした。
レッスン内容は先週(ゆっくりと指の形を意識して音楽的表現よりも正確に弾くことに的を絞った)とは全く正反対で両手でメロディラインを主張しうたうことに的を絞る。
指摘事項は左手のスタカート(ノンレガートが正しいかも)につられ右手の旋律がうたえていない、体が上下するところにアクセントがついてしまうところを改めたほうがいいとこのこと。
体が上下してアクセントがついてしまうことについては鏡若しくはビデオに録って見るとよくわかるとのアドヴァイスを受ける。
でも、録音なら上達のためまだ耐えられても今更醜い自分の姿など見たくない。
鏡を見なくても(そもそも部屋に鏡は置いていない)意識して直していかなくては。

レッスン後は中央線友の会の花見に直行。
途中コンビニでワイン、発泡酒、つまみを買い現地についたらベロベロ。
花見といっても桜はつぼみの状態、まあそんなことは最初から気にしていないのだが。

今日は

昨日のお酒が残っていて体調が悪く直帰したいが、新入社員歓迎会。
絶対に一次会で帰るぞ!

べろべろ2

お誘いメールに即座に反応し、べろべろになり泊まってしまった。
プロフィール

へべれK

Author:へべれK
子供の時にちょっとだけピアノを習っていましたが終わった教材はバイエルだけ。
「お父さんのためのピアノ講座」(NHK教育テレビ)を見て触発され、この位なら自分にも弾けそうと思い30代半ばにして再開。
電子ピアノは娘が懸命にピアニカを演奏する姿にピアノがあったらさぞや喜ぶと思い購入済み。
ところがピアノはそんなに甘いものではなく、全く思うように指が動かない。
練習曲を買って半年間練習してみたけれども進め方がわからない。
これはレッスンに通うしかないとピアノ教室入会を決意。
(ピアノ教室のキャンペーン期間中で、入会者には焼肉レストラン招待券進呈が、決意を確固たるものに)

それ以来、下手の横好きでピアノを愛するへべれKです。

レッスン&オフ会記録
にほんブログ村
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ初心者へ にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ
キロック友の会
キロック友の会
イラスト けんば~んさん作
リンク
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
カレンダー
03 | 2005/04 | 05
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

brogram
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。