スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今日の練習

まずバッハ平均律1巻2番、3番のプレリュード。
2番は脱力を意識し腕の重みを鍵盤に伝え中の音が浮かないように。
3番はトレモロの柔軟な手首の動き、ソプラノのメロディが浮き立つよう出来る限り親指が(音が)ぶつからないようppで弾けるように意識して。
ショパン・ノクターン4番は一度通して弾いた後、中間部を付点リズム、スタカート、非常にゆっくりしたテンポ、そして最後に普通のテンポで。
中間部の部分練習の後、再び通して弾き練習終了。
スポンサーサイト

今日は

何故かレッスン中のショパン・ノクターン4番よりもワルツ5番を弾いてしまった。
ピアノを弾いている限り腕が鈍る(もともと腕などないが)こともないので、まーいいかっ♪

まわる指は先天的

今日は久しぶりにサークル入会前のレッスン曲、悲愴1楽章を弾いてみた。
案の定、全く弾けない。
久しぶりに弾いたからという理由ではなく、技術的にこの曲を弾くことは無理であり、この先練習を重ねたところで弾けるようにならないことは悲しいけれども経験上よくわかる。
レッスンを受けた当初は自分で弾けるか否かも判断する耳を持っていなかったのだろう。
憧れの曲をどんな音を出そうがお構いなしに、とにかく最後まで譜読みが終わった満足感、レッスンを受けられる喜びで一杯だったのだと当時の心境を容易に推定できる。
当時と比べれば多少なりとも質的上達、聴く耳が養われたので音が浮きまくっていたり粒が全く揃わないのがよくわかる。
粗に耐えらないのは上達した証であるとも言える。
5年間ピアノを習い音色、表現面での質的向上は図れたと思えるのだが、指のまわる速さはほとんど変わっていないように感じる。
スケールを例にしても上達とともに音のむらが気になり出鱈目に弾いていた習いはじめよりも逆に遅くなっている。
ピアノ発表会等を聴きにいっても、幼稚園児、小学校低学年の児童が私など一生練習してもとても弾けない見事な演奏を聴くにつけピアノは先天的な才能が大きいと感じてしまう。
気持ちよく弾けるテンポはこれからどんなに練習しても変わることはないだろう。
無理なことは追い求めず、音色、表現力を高めるべく練習に取り組んでいきたい。

今日の練習

ショパン・ノク4は録音を聴いても中間部余りに酷いので、非常にゆっくり正確に弾けるテンポで脱力を意識し浮かず外さぬよう部分練習。
惰性で弾いても時間の無駄。
出している音をきちんと聴くことが出来るテンポではっきりとした目的意識を持った練習を続けていけばそのうち効果が出るだろう。
その他にはバッハ平均律1巻2番、3番ともに前奏曲。
2番は浮かない指づくり、3番は柔軟な手首の使い方に効果がありそう。
3番はツェルニーでも同様の練習曲は沢山あるが、同等の効果があるのならレパートリーとなる平均律を練習した方が一石二鳥。
ツェルニーを順番にこなすことも練習効果は高いと思うが、譜読みが遅く物覚えが悪い(物忘れが早い)中年には吸収が早くどんどん伸びる子供と同じやり方が効果的な練習法とは限らないだろう。
来年3番前奏曲のレッスンを再開する予定だが、平均律は前奏曲とフーガが対なのでフーガも見てもらわないと中途半端な気がするが余りにも難しい。
3番を見てもらったところで自分のレヴェルとは余りにかけ離れた平均律はひとまず終わりにし、ポリフォニー習得には平均律フーガよりもインヴェンションのレッスンを受けた方が各声部を意識しやすく効果的だろう。
但し、前奏曲については技術的練習効果が高そうなので曲を選んで続けていきたい。
健康増進時代の主題曲でもある1巻17番前奏曲もいつかはレッスンを受けたものだ。

休肝日を設けたのはいいが

昨日、お酒を一滴も口にしなかったら目がさえヤンキース戦のテレビ中継を見終えると朝5時を回っている。
お腹が空いたので早めの朝食を摂り朝8時からはマリナーズ戦観戦。
寝不足で一日中うとうと。

今日のレッスン

ショパン・ノク4につき中間部について脱力、うたい方、フレーズの取り方などを指導していただいた。
技術的に無謀な選曲(毎度のことだが)に音楽的に弾くこと以前に音譜通りの弾くことさえ出来ないのだから教える先生も大変だろう。
腕の使い方、鍵盤の掴み方などの技術的な基礎から丁寧に指導して下さる先生には毎度のことながら感謝。
11月5日のレッスン時間を普段の12時半から11時に変更していただけたので、サークル合宿には2時半頃から参加できそう。

3度目の正直

今日はカフェ(ピアノ・サークルオフ会)。
6、7月と参加を予定しながら地震などで参加出来なかったShioriさんも無事参加できて目出度し目出度し。
2次会の焼酎は控えめだったが帰宅後「カフェ報告」を書き終え、アルコールの復習(ウィスキー)でベロベロ。

今日も

へべれK

へべれK

でございます。

ノク4は気長に

ノク4の中間部は余りに難しく私には無謀過ぎた。
基礎が出来ていない私が2ヶ月程度(予想)のレッスン期間で技術的問題をクリアできるはずがない。
昨年発表会で弾いた別れの曲の中間部も難しかったが半年以上レッスンを受けた。
そもそも昨年別れの曲を弾いていなければノク4のレッスンを受けようという発想すら湧かなかっただろう。
その意味では発表会で技術的未熟さからうまく弾けなかったが長い期間レッスンを受け練習したことによる技術的進歩は財産だ。
ノク4レッスン終了後全く弾かなくなっては、せっかく練習してきた6度のトレモロが中途半端(にも達していない)でその後何残らなくなってしまうので、レッスンが終わってもある程度ちゃんと弾けるまで練習を続け他の曲を弾く上で生かすことが出来る財産にしたいものだ。
やはりレッスン曲と併用してハノン等を用いスケール、アルペジオ、トリル、トレモロ等あらゆる技術を身につけていくのが結局は上達の早道のような気「は」する。

貧乏人の舌3

先週金曜日、3連休のために下ろしたお金を飲みとマッサージで使い果たし家でごろごろ。
スーパーに行けばカードも使え一人ラムしゃぶも出来るのだが行くのが面倒。
家にある卵、納豆、インスタント味噌汁で過ごしたが結構美味。
貧乏人の舌よ永遠なれ(^^;;)

ノク4を録音して

レッスン中のショパン・ノクターン4番を録音して聴いた感想。
中間部はもっと旋律を出して内声部を抑えて粒を揃えてというのは聴いていて明白なのだが、技術的に困難なので時間をかけて(レッスン終了後も)地道に克服していくしかないだろう。
でももっと耳障りだったのは主題部の装飾音がいい加減で滑りまくっている。
意識を集中させて丁寧に弾けばもっとましに弾けるはず。
上達のためには今自分の技術の範囲で出来ることはしっかりしていかなければ。

今日のレッスン

ショパン・ノクターン4番については、ペダルをちゃんと離すこと、左手の旋律をうたうこと、中間部はテンポを落として丁寧にうたえたほうがいい等指導を受ける。
そして、レッスン初めに「今月サークルで弾くかも知れないのでちょっとでけ見てほしい」と頼んだ前奏曲についてブレス、ペダルの使い方、最後の部分について鍵盤からの手の離し方、べダルの離し方について指導していただいた。
最初の音は大事なので脱力しながらも決して出過ぎることがないよう、丁寧に細心の注意を払うこと。

儀式の成果、逆効果?

ゴキ○リがこの世に未練なく無事成仏出来たのか?今朝はうなされることもなく爽やかな目覚め。
それにしてもゴキ○リを焼くときの悪臭は思い出しただけでも吐き気がする。
あの悪臭の記憶が一生消えないのなら、一晩うなされた方がましか?
しかも悪夢をみずに済んだのは焼却の成果ではなく発泡酒の力のような。
お清めだけにしておけばよかった・・・・・・

儀式はおごそかに

ゴキ○リがが出現したので捕まえてティッシュにくるめたのだが、過去の苦い経験が頭をよぎる。
前にゴキ○リを捕まえてゴミ箱に捨てた翌朝、成仏出来ないゴキ○リの祟りか?ゴキ○リが大群になって私に押し寄せてくる夢を見てうなされ最悪の目覚め。
その経験を生かしゴキ○リが化けて出ぬよう、ゴミ箱に捨てることはせず外に出てサラダ油を染み込ませたティッシュとともにゴキ○リを包んだティッシュを缶の中に入れ火を点け完全に姿が無くなるまで焼却。
この世に未練なく成仏できますようにと手を合わせ祈りがなら。
そして儀式の締め、お清めの発泡酒でへべれK。

進歩?嗜好の変化?

久しぶりに2年前(2003年9月21日カフェ)の自分の演奏録音(悲愴2楽章)を聴いてみた。
今自分が心地よいと感じるテンポよりも速めに弾いている。
果たして当時心地よいと感じて弾いているのか緊張のため速くなっているのか記憶を蘇らすことは不可能(情景は思い浮かぶが感情はリアルに再現できない)なのでわからない。
クレシェンドしていくところは無理にソプラノを押さえつけているように感じる。
だからといって今弾いてみたところではっきりわかる進歩もないであろう。
2年前よりは少しは脱力ができたように感ずるがテンポについては音楽性の向上なのか嗜好の変化だけなのかはっきりわからぬ現状では全く進歩がないのに等しいのかも知れない。

失言?

今日は送別会で2次会のカラオケまで行き終電帰り。
帰り間際、独身生活4×年の女性が「シンデレラは、もうお帰りの時間だわ」とほざかれるので、思わず「シンデレラのベテランですものね」と口走ってしまった。
根に持たれるか?明日が怖い(^^;;)

レッスンを受けるまでに

前奏曲、今日も弾いたがstretto以外の箇所は技術的にはそれほど難しくなくレッスンでの指摘をその場で修正することはなんとか出来そう。
でもstrettoの箇所は技術的に難しい。
レッスンを受けるまで部分練習を繰り返して弾き方の指摘を受けてもすぐに対応できるよう仕上げておきたい。

前奏曲

楽譜を眺めると前奏曲はどれも難しそうだが、3番は難しいリズムや複雑な装飾音もなく比較的シンプルで左手のエチュードの趣。
そのうちレッスンを受けたい。

今日のレッスン

ショパン・ノクターン4番をまず通して弾く。
その後Andante cantabileの右手
con fuocoの右手、左手の順にレッスン。

指摘事項及び指導内容は
・全体
 ・音が濁らないよう、ペダルをきちんと離すこと。
・Andante cantabile右手
 ・うたいかた。
 ・姿勢の注意→弾くのに合わせて上体を上下させぬよう。
 ・左手が複音に対して右手が単音、左右のバランス上もっと出していい。
・Con fuoco右手
 ・付点リズムで弾いた後、強弱のつけ方
 ・ppが浮いている。ppでも響きを大切に→旋律となる指を立てるように。
 ・付点のリズム練習等を家で行うこと
・Con fuoco左手
・跳躍して同じ指で弾くところの音をはずさないための指のむき。
 ・スタカティッシモを弾くための腕の使い方。
 ・うたい方

指使い

今週から急にお気に入りの前奏曲、レガートに非常に気を使った指使いとなっている(パドレフスキ編)
繊細に表情豊かに弾かなければ。
全体的には繊細かつ深い音色を自由にコントロールするための完全な脱力が必要だろう。
そしてstrettoのところは左手の和音を瞬時に掴めるよう部分練習が大事そう♪

来年発表会の選曲

次の発表会は来年4月の予定♪
おおよその見積もりでは、
ショパン・ノクターン4番 ~10月
ショパン・前奏曲 11月
バッハ・平均律1巻3番前奏曲 12月~1月
発表会演奏曲 2月~4月

平均律は今年最初のレッスンで一度だけ見てもらい、今年も例年通り年末に発表会があると考えていたので、発表会後の年明けから再レッスンを受けようと予定していたが予定変更(結果として予定通り年明けからのレッスンになる可能性もあるが)。

ショパン・前奏曲は今週はまってしまったので、この曲を発表会で弾くというのも選択肢の一つ。
ただ、現時点では早くレッスンで見てもらいたい思いの方が強い!

前奏曲にはまる

憂いを奏で内面的に変化しながら爆発しすぐに静まりうなだれるように終わる。今の心境そのものだ。

次のレッスン曲候補

昨日は何故か久しぶりにショパン・前奏曲(アルゲリッチ演奏)を聴き、自分でも弾いてみた。

1頁の短い曲でespressivo(表情豊かな、感情こめて)と書かれた出だしは静かにそして深い憂い感じさせる。
stretto(緊迫した)と書かれたクライマックスは悲痛な叫びの爆発と表現すればいいのだろうか、そしてまた除々に静まりsmorzで旋律が消えるように流れ休符のフェルマータの後ppの和音で曲を終える極上の逸品。

前奏曲はパデレフスキ編の楽譜があるのだが、レッスンを受けたことがないどころかほとんど開いたことすらない。
楽譜の有効活用のためにも次のレッスン曲はこの曲で決まりか?

根気よく

ショパン・ノクターン4番、左手の脱力が身についてきた感じはするのだが、気を抜いて通して弾く練習に走ってしまうと今度のレッスンで痛い目にあうので当分左手だけの部分練習を根気よくやっていこう。

何事もなく

悠々自適、おやすみなさ~い。

二人の先生にレッスンを受けて

5~8月まで期間限定でレッスンをして下さった先生。
とても気さくではきはきしていて指摘内容もとてもわかりやすい言葉で説明して下さって、楽しく有意義で4ヶ月があっという間に過ぎていった。

二人の先生にレッスンを受けた感想・・・
8月までレッスンを見て下さった先生は短期の期間限定ということもあり、現状の技術の範囲で出来る限り曲を仕上げていこうというスタンスに感じた。
そのため弾けていない箇所、表現を改めた方がいい箇所についての具体的指摘が多かった。
それに対し今の先生は長い期間をかけて技術の向上にも重点をおいたスタンスに立っていると感じる。
今日もレッスン時間のほとんどを左手の脱力だけに費やした。
腕全体の使い方を覚えるために、それが体に馴染むまで同じ箇所を何度も繰り返し。
だからせっかく覚えた感覚を忘れず次のレッスンまでの練習に確実に生かせるようレッスン後すぐに家での復習をかかせなかった。

短期的なレッスンと長期的なレッスンとで指導方法を変えられるなんて(勿論、元々の指導方法の個人差もあるだろうが)二人の先生のレッスンを受けて改めて先生への尊敬の思いを強くした。
そして基礎が全く出来ていない私を根気よく指導して下さったことに改めて感謝。

来年4月の発表会には自分の力量でもある程度仕上げられる曲を選曲し、
しっかり仕上げて4ヶ月の期間限定にもかかわらず毎回一生懸命指導して下さった先生に聴いてもらいた気持で一杯だ。

今日から元の先生のレッスン

今日から元の先生に戻り、ショパン・ノクターン4番のレッスン。
まず通して弾いた後、片手ずつ細かく区切って指導。

指摘事項及び指導内容は

Andante cantabile部分について
左手
・腕の動きを止めないこと
・脱力のタイミング、脱力のための手首の旋回、肘の使い方
・音が離れている時の移動のしかた(手首の使い方)
「脱力がきちんとできれば、旋律をうたい内声を抑えバスを深い音で出すといったことが自然と出来てくるでしょう」とのこと

右手
・うたい方と思い通りにうたえるための脱力法
・フレーズの取り方

発表会の確認をしたところ「来年4月予定」とのことだった。

ピアノ弾ける、弾けない。

本の名前は忘れたが、ピアノを弾けるようになるには10,000時間の練習が必要と書いてあった記憶がある。
2000年5月の体験レッスン以来5年3ヶ月レッスン回数216回。
一回のレッスンが30分なのでレッスン時間は108時間。
家での練習時間がレッスン時間の20倍と見積もって2,160時間。
ピアノを弾けるために必要な時間の1/5しか練習していない。
しかも10,000時間というのは才能のある人が能力のある指導者につき内容のある練習をしてという前提つきだろう。
ということはやはりピアノをちゃんと弾けるようになるのは見果てぬ夢というもの。
弾けるということはどういうことなのだろう?
最近ツェルニー30番を復習すると指の弱さにうんざり。
指定の速度では一生かかっても弾けないことがよくわかる。
でも30番練習曲のレッスンを受けていた当時は弾くことに精一杯で自分がどれだけ弾けていないかわからなかった。
技術的にそれほど難しくない曲であれば自分の耳で聴く余裕があるので自分の下手さ加減がよくわかる。
技術的に難しい曲だと聴く余裕など全くなく弾けているかどうかさえわからない。
何とか弾けた喜びで満足してしまい、それ以上求めず弾けると錯覚することのほうが多いかも。
今後のレッスン曲は技術的にそれほど難しくない曲の表現をどれだけ仕上げるかということと、技術的に難しい曲の部分練習で技術アップを図ることをバランスよく取り入れていきたい。
エチュードをこなして技術的向上をはかるのが若い学習者であれば一番いいやり方なのだろうが、今後はっきりわかるほどの技術的向上も見込めず譜読みも遅い中年にはそれなりに合ったやり方があるはず。

欲求を抑えて

曲を通して弾く練習の非効率さは今まで何度もレッスンで味わい懲りている。
にもかかわらず、ついつい通して弾いてしまいたい衝動にかられる。
もっと今までの学習を生かさなければ・・・・・
ということで通して弾きたい欲求を抑え、ショパン・ノクターン4番Andante cantabile左手のみを旋律と内声部の弾き分け(聴き分け)に意識を集中させ繰り返し部分練習。
中間部は遅いテンポで脱力し腕の重みを利用してどの音も決して浮くことなく鍵盤の底まで弾けるよう意識しながら。
中間部は長時間練習すると負担が大きいので短い時間意識を集中させ毎日必ず長期にわたり練習していくしかないだろう。
そのうち完全な脱力が出来れば長時間弾いても全く疲れず急速な進歩も見込めないことではない。
最後に一度だけ通して弾き練習終了。
プロフィール

へべれK

Author:へべれK
子供の時にちょっとだけピアノを習っていましたが終わった教材はバイエルだけ。
「お父さんのためのピアノ講座」(NHK教育テレビ)を見て触発され、この位なら自分にも弾けそうと思い30代半ばにして再開。
電子ピアノは娘が懸命にピアニカを演奏する姿にピアノがあったらさぞや喜ぶと思い購入済み。
ところがピアノはそんなに甘いものではなく、全く思うように指が動かない。
練習曲を買って半年間練習してみたけれども進め方がわからない。
これはレッスンに通うしかないとピアノ教室入会を決意。
(ピアノ教室のキャンペーン期間中で、入会者には焼肉レストラン招待券進呈が、決意を確固たるものに)

それ以来、下手の横好きでピアノを愛するへべれKです。

レッスン&オフ会記録
にほんブログ村
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ初心者へ にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ
キロック友の会
キロック友の会
イラスト けんば~んさん作
リンク
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
カレンダー
08 | 2005/09 | 10
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

brogram
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。