スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

へべれK

今日は送別会で6時からぐいぐい、一次会で切り上げ早い帰宅なのにもうへべれK。
土曜日は休日出勤の予定だがレッスン&連弾合わせ優先、出勤はその後だ。
スポンサーサイト

ベトソナ難しすぎ^^;;

タイトルに「べ」と入力したところで勝手に「ベロベロ」と表示された。
何を書こうとしたのか忘れてしまうところだった!?

発表会で弾く(参加できれば)ベートーヴェン・ピアノソナタ27番1楽章は難し過ぎてほとんど進展がない。
最近は発表会後のレッスンのため2楽章も1楽章同様に時間を割いているのだが、こちらも本当に難しい。
・・・と言っても、ベートーヴェンの本当の難しさがわかるレヴェルとは程遠いが^^;;

今後は自分の力量に見合った曲のレッスンを受けようと考えつつドビュッシー作曲・子供の領分の「グラドゥス・アド・パルナッスム博士」も弾いてみたいとまたまた無謀な思いがめぐってしまう。

「グラドゥス・アド・パルナッスム博士」はクレメンティの運指練習曲をいやいや練習する子供の姿を描いたものだが実際の練習効果も非常に高そうなので!

マルチアングル

YUMIさんの日記を読んで、フィギュアスケート・カメラワークの件に関して全く同感。

但し全ての視聴者のニーズに合うアングルを瞬時に判断するのは至難の業。

ということでマルチアングルについての希望を・・・
デジタル放送の規格は調べていないのでわからないのだが、ビットレート(周波数帯域)さえ確保できれば技術的には可能なはず、今後の可能性に期待したい。
また10年前のDVD製品化に当たって、複数の音声、字幕の他9つのマルチアングルが収録できるという事も大きな売りだったのだが活用されているソフトはほとんどなし。
(どうでもいい話なのだが、DVD製品化にあたり規格統一に時間を要し発売予定が遅れ奇しくもDVD誕生日と私の誕生日は同じ1996年(私もこの年に生まれたんだっけかな?)11月1日なのだ)
私が持っているソフトではスマップ、モー娘ライヴで特定のトラックのみ全体映像の他に各個人にカメラアングルを合わせたマルチアングルが収録されている位。

マルチアングル化ソフト制作のコスト増は気になるところだが、もともと劇場、スポーツ等複数のカメラを切り替えて一つの映像を作っている。
単純に各々のカメラ映像を時系列に並べただけのマルチアングルでも価値は絶大でそれほどのコスト増に繋がらないのでは!?
またマルチ音声も言語の違いによる複数ヶ国語のみならず、例えばスポーツ中継の解説有り、無し(競技場or劇場音声のみ)の選択が出来ればありがたい。
ニューイヤーコンサートなど音質重視のリニアPCM&臨場感重視のドルビーデジタル5.1CH同時収録も楽しみ倍増、今後DVD規格を活かしたソフトの充実を望む。

バレエ、歌劇、スポーツ等マルチアングルを活かしたソフトを発売してくれれば購買意欲も湧くというもの。

ただ、最近パソコンの高精細画面(1280×1024等)に見慣れてしまったため走査線525本(有効走査線480本=縦の画素数)のNTSCでは粗が気になってしまう。
HDTV(走査線1,125有効走査線1,080本)&記憶媒体としてのブルーレイの廉価普及を期待せずにいられない。

続き

NHKではスーパーハイビジョンの研究が進み有効走査線数4,320本が公開されている。
地上全てを見渡すことが出来る半球型の理想の映写装置が実現するとして人間視力の分解能1分から識別可能画素数を計算すると・・・
半球の表面積を積分により求めると2πr^2、人間視力の分解能は1分(分=度/60)なのでr=180°*60′/π画素、よって74,255,330画素((180*60/π)^2*2π)

これが人間の判別できる画素数の限界値。今後技術が進歩してもこれ以上の画素数は特殊用途の他必要なさそうだ。

しかしこれにプログレッシブ(ノンインターレース)毎秒60画面&フルカラー24ビット&標準録画時間2時間を乗ずると画像だけで769,879,264,021,162ビット=約88TB・・・やはり民生機器現記憶容量では圧縮技術は不可欠。

日記の文字数制限から分割せざるを得なかった。

自分専用パソコンがないと

不便極まりないと感じてしまう。
4年前にパソコンを購入したきっかけは女房、子供にせがまれて・・・
当時は会社でパソコンを使用している上に、家でパソコンなんてとんでもないと思っていたのだが、一度便利さに慣れてしまうと手放せない。

M-PEG2

世界フィギュア選手権、パソコンのHDDに録画しDVDに焼いてブラウン管テレビで再生してみたもののブロックノイズの嵐。
パソコンでのリアルタイムエンコードの限界を感じざるを得ない。
自宅の受信状態は良好なので地上デジタル放送化は望まなかったのだが(圧縮ノイズが目立ち画質の劣化が気になる)、アナログ録画からDVD(M-PEG2)録画に移行した現在では録画の面では地上デジタル化のメリットは大きいかも(家庭用機器でのエンコードよりも放送局側でのエンコードによる高画質化(最小限の画質劣化)が期待できるため)
また、MPEG2-AACによる5.1チャンネルを享受できるとなれば現状ではレーザーディスク、DVDのみの再生用途しかなかった5.1チャンネル再生アンプ、スピーカー本来の性能を放送ソースでも発揮、有効活用できる。

連弾合わせの予定が

休日出勤のためレッスン終了後、会社に直行。
連弾合わせ(通常レッスン後30分)は4月1日に延期。

レッスン内容は
ベートーヴェン・ピアノソナタ27番1楽章
・下降スケールの技術的指導
・強弱のつけ方、曲の盛り上げ方
・最後に通して弾く
ジムノペディ1番
・先生との連弾を一回通して
・強弱のつけ方
・ブレスを入れる箇所
発表会のプログラムを手渡されレッスン終了。

またまたやってしまった

へべれKでマッサージ。

飲み屋のかすかな記憶では、横のテーブルで俳優の岸谷五朗さんがビールをジョッキで飲んでいたような?

パソコン、どうしようかな?

自分専用ノートパソコン(昨年、一家で一台しかないパソコンが故障し録画機能つきパソコンを購入、修理後のお古を自分専用に転用)が故障し大変不便(居間のパソコンは家族に占領されていて使えるのは家族が寝てから)
修理したところでCPUの処理速度等スペック不足によるストレス、残存耐用年数を考えると買い換えた方が得か?
家の新築時に購入した居間のテレビも10年経ち映像がかなりぼやけてきた。
私の部屋のビデオも故障し、録画手段は居間のパソコンのみ。
いっそのこと居間のテレビを廃却し、私の部屋のテレビを居間用に転用。
そして自分の部屋にはテレビ、パソコン兼用大型液晶ハイビジョンディスプレー、ハイビジョン録画機能付きのパソコンで一人快適な生活を送るとするか!
・・・ってそんなことしたら女房、子供が黙っちゃいない!
圧力に屈し居間と私の部屋の機器が入れ替わるのは目に見えている、よって無駄な出費だ。
私が家族で一番弱い立場なのだから・・・

それよりも今日は息子の誕生日、パーソナルDVDプレーヤーをせがまれている。
ただでさえ今月は送別会、マッサージと出費がかさんでいるというのに更なる出費は痛すぎる・・・当分の間、家族兼用パソコンで我慢(家族が使用していない合間のみの使用)するしかなさそうだ!

パソコン故障

自分専用にしていたノートパソコンのディスプレーのバックライトが故障。
昨年5月にバックライト有償修理をしてから一年も経っていないというのに。
もう一台のパソコンは毎晩遅くまで子供達にパソコン占領されているので、深夜か早朝しかパソコンに向かえなくなってしまった。

WBC優勝

王ジャパンWBC優勝。
こんなに嬉しいことはない、祝杯でへべれK。
選手のコメント「監督を胴上げしたい」に全てが凝縮。
王監督の偉大な足跡を生で見たことがない選手ばかり。
自分が世界一になることよりも監督を胴上げしたいの一言に現役時代をはなれてもひたむきに真摯に野球に接してきた律儀な王監督の人柄が滲み出る。
王監督の現役時代を知らない戦士達の言葉が一番胸に込み上げた。

今日の練習

ベトソナ27番1楽章を1回通して弾いた後、右手分散和音の箇所の部分練習。
さてこれから出勤だ。

村主選手への思い!

村主選手のトリノでのフリー演技、何度振り返っても涙が止まらない。
ラフマニノフ・ピアノコンチェルト2番の切なくも抒情溢れる旋律が涙を助長する。
ビデオで何度も振り返ってわかったのだが、村主選手の技術、表現力を超越して単純に村主選手のファンなだけなのだ!
長野五輪出場権争いで荒川選手に破れたが、その後世界選手権では日本人選手出場枠獲得に常に貢献し、ソルトレイク五輪5位入賞、2002年、2003年世界選手権連続銅、2003年グランプリファイナル日本人初優勝と輝かしい戦績。
しかし日本人注目選手の頂点に立ったのも束の間2004年世界選手権で荒川選手優勝、2003年、2004年全日本選手権では安藤選手連覇。
心情的にもう一度村主選手に脚光を浴びて欲しいと思っていたのだが、それが盲目的なファンへと化してしまったようだ。

自分でもわからない本心があるきっかけによって明らかになることがある。
昭和56年初場所千秋楽もそうだった。
それまで私は北の湖ファンだと自分でも信じていた。
憎まれるほど強い北の湖が勝ち名乗りを受け、ガッカリする観衆の表情を見るのが快感だった。
27歳にして既に優勝20回、大鵬の優勝記録32回を絶対破るものと信じ期待し応援していた。
千秋楽結び前の一番は13勝1敗で21回目の優勝を狙う北の湖と大関獲りを賭け5日目に輪島、12日目に若乃花と両横綱を連破し破竹の14連勝千代の富士の取り組み。
千代の富士は昭和50年9月に96kgの最軽量で新入幕、一場所で十両に陥落したが昭和53年初場所、再入幕後幕内に定着し軽量で筋肉質の異色力士として注目していた。
本割では北の湖が渾身の力を振り絞って吊り出し。
嬉しいはずの北の湖勝利が何故か虚脱感に襲われる。
優勝決定戦で千代の富士が上手出し投げで初優勝を決めた瞬間喜びが込み上げる。
自分では北の湖ファンだと信じていたのに、この時初めて興味の対象が北の湖から千代の富士に移ったことに気付いた。

トリノ五輪のビデオも無意識に村主選手の演技を繰り返し再生。
演技内容もそれなりにいいのだが、村主選手最高のパフォーマンスではないし技術的にもっと優れた選手は他にいる。
単に村主選手のファンだったことを認識させられたトリノ五輪であった。

へべれK警報!

今から送別会で鮨を食べながらへべれK必至!
明日は出勤、朝早く起きて練習しなければ!

今日の練習

ベトソナ27番1楽章。
一回通して弾いた後、展開部左手上昇オクターブ後から右手分散和音の終わりまでの部分練習のみ繰り返し。

今日のレッスン

ベートーヴェン・ピアノソナタ27番1楽章
・まず一回通して(先生はご自分の楽譜(ヘンレ版)で確認しながら(私の楽譜は音友版)
・ストーリーを描き、それを感じながら弾くこと。
・冒頭 本来フレーズの最後の音は弱めなのだが、強拍であることと次のpとの対比を明確にするために強く出すこと。
・in tempoから右手上昇オクターブ手前→あまりクレシェンド、デクレションドで強弱の幅をつけずに寂しい感じで。
・上昇オクターブもppまま最後まで、最高音の和音でいきなりf、びっくりさせる感じ。
・左手分散和音後の左手オクターブ→最初の音からfではっきり、右手フレーズとの違いを明確に。
・展開部左手上昇オクターブの後→右手から左手に引き継がれるメロディラインを出して、和音のソプラノメロディが聞こえてこない。
・右手分散和音終わりff→親指の脱力、親指と人差し指を離す。
            付点2通り、スタカートで脱力の仕方を掴む
            左手、親指が脱力できていないと(手首を固定すると)必ず滑ってしまうので最初の親指で上からストンと落とす感じで必ず脱力。

サティ・ジムノペディ1番
・まず時間を計る。
・強弱の付け方、ブレスの箇所の指摘。

最後にベトソナ27番1楽章の時間を計ってレッスン終了。

今後は私の業務の都合上参加が難しい4月、10月を発表会用ホールの予約から外すとおっしゃって下さった。

お寿司屋で

お腹一杯、へべれK。

焼肉で

お腹一杯、午前様。

今日は

品行方正な一日だった。

懲りもせず

へべれKでマッサージ!

花見当日雨よ降れ!?

今日、中央線友の会お花見案内メールが届く。
なんとピアノサークル・オフ会と同じ日ではないか!
断腸の思い?で断りの返信。

今日の練習

朝食後まず
モーツァルト・キラキラ星変奏曲繰り返し省略せず1回通し
バッハ平均律1巻3番前奏曲を数回通し
ベートーヴェン・ピアノソナタ27番1、2楽章通し
そして
ベートーヴェン・ピアノソナタ27番1楽章の右手分散和音の箇所を何度も繰り返し。
午前中で練習を終わらせ、これからcakeさんの発表会へ。

今日はレッスンお休み

だったので、昨日安心して飲み過ぎ午前中一杯寝ていた。
やはりお酒は程々にしないとお金も体も持ったもんじゃない。
一昨年レッスン時間が17時半から12時半に変更となったのを機に前日の金曜日は必ず電車がある時間に帰ることを心掛けているのだが(あくまでも心掛け^^;;)、翌日レッスンが無い金曜日こそ気の緩みによる飲み過ぎ要注意!

午後になりようやく体調が回復し、きらきら星変奏曲の第7変奏とベートーヴェン・ピアノソナタ27番1楽章の右手分散和音の箇所を中心に練習。

2軒目の途中から

記憶がない!

今日の練習

人の影響を受けやすい私は、4月8日発表会演奏曲(現状況では参加は絶望的だが)ベートーヴェン・ピアノソナタ27番1楽章の練習よりもカフェ(ピアノサークル・オフ会)でオーナーが、3月5日恵比寿麦酒記念館演奏会で知ちゃんが弾いたブラームス・間奏曲(6つの小品よりOp.118-2の譜読みに時間を割いた。

ピアノ練習を終え居間に行くと息子がネットでポータブルDVDプレイヤーの物色をしていた。
今月、息子に誕生プレゼントをせがまれることをすっかり忘れ恵比寿演奏会打ち上げ後マッサージを延長し続けた出費が何とも痛い!

昨日の日記を読み返すと

相当なへべれK具合だ!

書きたいことは

山ほどあるのだが考えが纏まらない。
また文章表現力に乏しい私は気持ちを率直に伝えられない。
知りたいことも山ほどあるのだが、一つのことを追求するだけでも人生は余りに短すぎる。
ある事柄を調べれば調べるほど限りなく無知な自分を知らしめる結果になるのだから。
よって今日は寝よ。
結局、毎日何も出来ずに単調な日々を繰り返すだけ!

無知、無能、無気力な私は故障(病気)なのか、それとも初期不良(先天的)であるのか考えることがあるが、初期不良と言ってしまえば自らのお腹を痛め私に生命を宿らせ、精一杯育てて下さった両親に申し訳ない。

自分をしっかり見つめ直さないと酒に溺れ堕落した人生になるという危機感は持っているのだが、自分の悪さ加減(無能さ)があからさまになることに対する恐怖心から自分を真正面から見据えることが出来ない。

今日の練習

きらきら星変奏曲の16分音符変奏部分をスケールの練習を兼ねて。
ベトソナ27番1楽章は本番に備え譜めくりの練習と土曜日のレッスン指摘箇所の部分練習。
発表会後のレッスンに向け27番2楽章を数回通して練習終了。
もうそろそろ2楽章の部分練習も開始しなくては!

そして最近思うこと。
この曲のレッスンを受けた当初は、発表会は決算期と重なり参加は無理と諦めていた。
でも発表会に参加するつもりで曲を仕上げることにより、牛歩の進歩であるがその後のレッスンで自分の出来ることを追求し更なる曲の仕上げを達成できるよう意欲的なレッスンに取り組むための大きな財産であり、とても有意義なことだと。

でも今となっては発表会に参加した気持ちが強くなってきた。
技術的に無理な選曲なので緊張した発表会の場では酷い演奏になることは目に見えている。
でも今までの練習成果を披露する場であると共に今現在緊張した場でどれだけ弾けるか試す意味で出来るだけ参加したい気持が強い。

今現在で昨年12月17日録音の演奏と比較して感じることは、和音を脱力して掴めるようになってきたこと。下降スケールが浮かなくなってきたこと。提示部左手和音連打の箇所の右手8分音符の長さと強さが当時ほどいい加減でだらしない響きでなくなってきたこと等。
でもまだまだ粗ばかり。
ソナタを弾くには技術的に未熟すぎるので発表会までに解決するのは無理。
何年も時間をかけ全体的なレヴェルアップを図らなければちゃんと弾くことなど無理なのだ。
今からいくら練習したところで曲に求められている技術の習得を望むのは一生かけても困難だろう。
だからこそ、今の時間を大切にして自分の出来ることを着実に一歩一歩積み上げて行きたい。
そしてその区切りとしての意味を含め発表会に参加し定期的に練習成果と課題を実感していきたい。

オリンピックが終わっても

毎日眠い!

恵比寿で

へべれK
プロフィール

へべれK

Author:へべれK
子供の時にちょっとだけピアノを習っていましたが終わった教材はバイエルだけ。
「お父さんのためのピアノ講座」(NHK教育テレビ)を見て触発され、この位なら自分にも弾けそうと思い30代半ばにして再開。
電子ピアノは娘が懸命にピアニカを演奏する姿にピアノがあったらさぞや喜ぶと思い購入済み。
ところがピアノはそんなに甘いものではなく、全く思うように指が動かない。
練習曲を買って半年間練習してみたけれども進め方がわからない。
これはレッスンに通うしかないとピアノ教室入会を決意。
(ピアノ教室のキャンペーン期間中で、入会者には焼肉レストラン招待券進呈が、決意を確固たるものに)

それ以来、下手の横好きでピアノを愛するへべれKです。

レッスン&オフ会記録
にほんブログ村
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ初心者へ にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ
キロック友の会
キロック友の会
イラスト けんば~んさん作
リンク
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
カレンダー
02 | 2006/03 | 04
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

brogram
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。