スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

残念!

ピアノリサイタルを聴きに行きたかったのだが、社外の打ち合わせが長引き断念!

一応打ち合わせが一区切りついた時点でリサイタルに間に合う可能性もあったので場所をかえての打ち合わせ?はキャンセルしリサイタル会場に向かうも一歩間に合わず!

おかげで帰宅後2時間ピアノ練習することができたのでよしとするか!

ピアノ練習も無事終えたので、シューマン交響的練習曲(ポリーニ演奏)を聴きながら寝るとしよう♪
スポンサーサイト

めまいが!

カード利用明細の封を切った結果!

ベートーヴェン3大ソナタ

悲愴、月光、熱情で生涯の3大ソナタが一般的だけど

後期(晩期)30番、31番、32番の3部作はどれも深い内容を持っている。

29番(ハンマークラヴィーア)は他のソナタと比し規模の大きさが突出しているので1大ソナタ!?

中期は21番(ワルトシュタイン)、23番(熱情)、26番(告別)が技巧的にも内容的にも突出した名作ではないだろうか!

どうでもいいことなのだが中期、後期それぞれに3大ソナタがあると思っただけ!

私的に生涯通じての3大ソナタは、23番(熱情)、29番(ハンマークラヴィーア)、31番若しくは32番

連日の生ピアノ!

昨日のサークルオフ会に引き続き今日もグランドピアノで人前演奏の機会が!

弾いた曲
・ツェルニー40番練習曲から1番、2番
・クーラウ・ソナチネOp.20-1 1楽章
・ドビュッシー・アラベスク1番
・ベートーヴェン・ピアノソナタOp.13悲愴2楽章
・ベートーヴェン・ピアノソナタOp.90 2楽章
・ベートーヴェン・ピアノソナタOp.13悲愴3楽章
・ベートーヴェン・ピアノソナタOp.90 1楽章
・ベートーヴェン・ピアノソナタOp.27-2月光1楽章
・リチャードクレーダーマン・渚のアデリーヌ、ノスタルジー、愛の夢、夢の中のウェディング(初見でぼろぼろ)

そしていつもながら2次会でへべれK

今日のレッスン

ベートーヴェン・ピアノソナタ27番2楽章15回目
・腕の重みを指先で支えて(伝えて)・・・力で押さえ込むと音が途切れちゃんと鳴らない
・音が浮かない(底まで打鍵)ための手首の使い方
・左手3連符、バスにアクセントがつかないよう小指をなるべく丸めて
・左手のメロディがうたえるよう、左手に意識を集中させて脱力の練習をすること

レッスン終了後はサークル・オフ会に直行。
時間に余裕があるため足裏マッサージを受ける予定も、前日予定外のマッサージ散財ですっからかん。
マッサージを受けるお金が無くなったため、本屋&楽器屋で時間を潰す。

絶不調!

昨日はビールをジョッキでさんざん飲んだあげく、2軒目スナックでウィスキーを飲み続け朝帰り、体調絶不調!

今日はこれからピアノレッスンとサークル月例オフ会だというのに。

はじけすぎ!

牛しゃぶ食べ放題飲み放題
→スナック→延長→終電を逃す
→マッサージ→延長
→朝帰り

絶対に弾けない!

ワルトシュタインの楽譜の音を押さえてみたら、ツェルニー練習曲がベートーヴェンソナタを弾く技術を養うためのものであることがよくわかるような気がした。

ツェルニー50番練習曲程度の難易度の曲をインテンポでばりばりに弾ければワルトシュタインも弾けるのであろうか?

子供の時、一年でピアノをやめずに地道に練習曲を成人するまで続けていればもしかしたらベートーヴェンの難曲をたどたどしいながらも弾けていたかも知れないと思う反面、やはりピアノに才能は不可欠。

才能の無いことに時間を費やすよりも、ピアノをやめることによって他のことをいろいろ経験できたことは結果的によかったのかも知れない。

いずれにしても過去には戻れないので、考えてみたところでどうしようもない!

難曲を弾くことは一生無理、そしていくら進度が遅くともピアノのレッスンを受けることと自宅で練習することに喜びを感じ生活の張りとなっている今現在が幸せなのだからこれでいいのだろう!

思いっきり

はじけたい!

牛しゃぶも

食べたい!

ラムしゃぶ

食べたい!

早実優勝!

早実優勝を知った瞬間嬉しさが込み上げてきた。
北海道を応援しているつもりでいたのだが、自分でもわからない心の奥底で早実をより強く応援していたということだろう。

引き分け再試合が決まった時点で駒大苫小牧が有利と思っていただけに結果は意外だった。
それ以上に喜びが湧き出る自分自身が意外だった。

今年に限れば故郷北海道よりも王さんの母校早実への思いが強かったということだ。

北海道勢は来年からまた勝ち続け、前人未到の10連覇を達成すればいい!?

それにしても、甲子園決勝2戦は歴史に残る死闘。
ただでさえ息詰まる投手戦の上、73年振りの夏の高校野球3連覇がかかる駒大苫小牧と今年WBC優勝監督で病気療養中の王さんの母校で王さんが活躍した昭和32年春以来の甲子園優勝がかかる早実の一戦という背景があるのだから。

手揉みが一番

2度高校野球のため休止となったスーパーピアノレッスン・シューベルト即興曲が無事録画出来て一安心。

そして休止の元となった高校野球は本日決勝。
駒大苫小牧対早稲田実業の大熱戦にはらはらドキドキの連続。
テレビ観戦後はくったくた。
それにしても将来がある選手に対し過度の負担を強い選手生命を短縮しかねない引分け再試合については、選手の将来を見据えた制度改善を早急に実施してほしい。
延長戦も回が進むにつれ、特に投手の健康状態を考えるとどちらが勝ってもいいからとにかく15回までに決着してほしいと祈るような気持ちだった。
田中、斎藤両投手とも高校野球で潰れることなく今後も順調に成長してほしいのだから。

観戦後は電器屋のマッサージ・チェアで疲れを取るも15分の時間制限がある上、手揉みの感触にはかなわない。

でも無料だから贅沢も文句も言えない。

今日のレッスン

ベートーヴェン・ピアノソナタ27番2楽章14回目
指摘内容は
・pの指示の箇所(fの直後)の最初の音からpで弾くこと、でも音はかすれずに
・左手のシンコペーションはもっと強調して
・右手の旋律に左手をのせて、ハーモニー、左右のバランスを考えて
・左手もレガートで旋律をうたうこと、普段ペダルを使わずレガートで弾く練習を
・前半はメロディをうたえてきたので、後半もうたえるように

といったところ。

前半と後半の差が激しく、また右手はレガートで旋律を(強調して)うたうことに注意して練習してきたのだが、左手まで気を回す余裕がなかったことをレッスンで実感した。

レッスン終了後は恵比寿麦酒記念館に直行。
サークルメンバーが出演する「夏のコンサート@恵比寿」を堪能した後、ちょっとだけのつもりでビアステーションに立ち寄ったのだが話がはずみ帰りの電車の中で日付が変わるほど長居してしまった。

へべれKで

○〇○ー○!

暑さに耐えきれず

二日続けてエアコンつけっぱなしの居間で爆睡。

今日の練習

今日も2時間練習時間が確保でき、
・1時間アラベスク1番
・30分間ツェルニー等
・30分間ベトソナ27番2楽章

アラベスク1番は時間が経過し集中力が途切れると右手3連符と左手の乱れが如実に。
まだまだしっかり弾けていない証拠であり、両手を合わせ勢いで誤魔化して弾いてしまっていては、いつまで経っても進歩がない無駄な練習を繰り返すだけ。
その部分だけを取り出し片手ずつの練習の繰り返し。

ベトソナ27番は左右合わせて弾いても進歩がないので、右手だけレッスン指摘事項を意識して部分練習を繰り返した後、最後に左右合わせて本日の練習終了。

意識を集中させて練習しないと効果がないのは当然のことだが、意識しているつもりでも左右合わせて弾きにくいところは地道に片手ずつ、更に細部に意識を集中させなければ練習効果は薄い。

当たり前のことなのだが学習能力に乏しい私はついつい両手で合わせ惰性で弾いて練習したつもりになってしまい練習効果の乏しい無駄な時間を繰り返してしまうので、常に効果的な練習を頭で考える習慣を身に付けなければ。

専門的に音楽を学習されている方からすれば当然以前のことなのだろうが、「考えること」「地道に繰り返すこと」を実践することは私にとって容易いことではない。

高校野球中継延長により

2週連続スーパーピアノレッスンが休止に・・・
シューベルト即興曲D.899第2(Op.90-2)の放送が一番楽しみだっただけに残念!
他の曲は私には全く手が届かないので(レッスン風景は非常に興味深いが)
・・・楽しみはまたまた延期!

今日の練習

2時間程ピアノの向かうも最初の1時間はツェルニー等の技術練習。
その後アラベスク1番、最後にベトソナ27番2楽章。
アラベスク1番は3連符が運指上弾きにい指があるので、浮くことがないようその指を特に意識し深く打鍵することに注意して。

ベトソナレッスン指摘事項の部分練習も大切なことだと思いながらも、気乗りしないことをやることは時間の無駄なような気がして・・・

ベトソナを弾く上で技術が決定的に欠けているのだから、ベトソナ以外の練習も決して無駄ではないだろう。

ゆったりとした一日

今日は一日、

朝食後にまず→ピアノ練習
飽きたら→インターネットまたはテレビ
眠たくなったら→ベートーヴェン・ピアノソナタを聴きながら何度も昼寝
お腹が空いたら→何度でも昼食
またピアノが弾きたくなったら→ピアノ練習

の繰り返し。

暑さ対策で思いっきり汗をかくため辛くて熱いもの食べると食欲が刺激されついつい食べすぎ。
(昼食だけで、カレーライス、キムチ入り坦々面、キムチ入り辛ラーメンと3食も摂ってしまった)

ほとんど家でごろごろ、外出は昼食購入のためのスーパーマーケットのみで完全な運動不足。

夏太りが恐い!

早実快勝!

王監督も一気に快方に向かいますように!

昨日の日記の続きになってしまうが

6年前に聴きに行った発表会は非常にレヴェルが高かった。
幼稚園児が演奏するブルグミュラーもその当時こんなに表情豊かな演奏は真似できないと感嘆したものだった。
今、私がブルグミュラーを弾いてもミスタッチなしではとても弾けない。

教室によってレヴェルはまちまちで最後まで弾き通せるか聴き手がひやひやする生徒ばかりの発表会もある。

その中で6年前に聴きに行った発表会はレヴェル的に群を抜いていた。
その中でも技術、表現力ともに群を抜いていた当時小学4年生の少女。

今は高校一年生のはずであろうあの少女、順調に伸びていれば既に一般のピアノ教室の講師演奏を遥かにしのぐ技術を身につけているのではないだろうか?

何とか見つけて是非聴きに行きたい。

次のレッスン曲

は、ドビュッシー・アラベスク1番でほぼ決まり。
ドビュッシー・グラドゥス・アド・パルナッスム博士の練習にアラベスクの何倍も時間を費やしてきたのだが、現時点での技術的限界が見えてきた。

グラドゥス・アド・パルナッスム博士を弾き始めた頃と比べ、前腕が張らなくなるなど脱力は徐々に出来てきたと思うのだが、技術的に難しく最近殆ど進歩がない。

今この曲のレッスンを受けるよりも、もっと技術全般のレベルアップがはかれた後にレッスンを受ける方がより効果的とも思えるのだが、正直年齢的な問題もあり今後地道な練習を積み重ねたとしても技術的にどれだけ進歩するかは甚だ疑問。

でも自分なりに曲を仕上げる喜びもさることながら、新しい曲の譜読み等練習過程自体が楽しいので気長に地道に練習だけは続けていこう。

ドビュッシー・グラドゥス・アド・パルナッスム博士を弾きたい理由は6年前、ピアノレッスンを再開(と言ってレッスンを始めたに限りなく近いのだが)した当初、他のピアノ教室の発表会で衝撃を受けたから。

小学校4年生の女の子が弾くこの曲は完璧に粒が揃いppでありながら、どの音も明確に響き淀みなく流れている(当時の私の耳ではそう聴こえた)

その演奏の後、中学生、高校生の生徒が技術的にはもっと難しいと思えるブラームス、ベートーヴェンなどを弾きダイナミックレンジ(強弱の幅)は十分とれた表現豊かで気持ちが伝わる演奏なのだが、速いパッセージ等難所の音がぼやけ技術的な課題は浮き彫りに。

やはりピアノは努力が必要不可欠ながらも才能の比重が占める割合が大きいと感じさせられた発表会。

一生かかってもあのような演奏は無理だけれども、楽譜に書いてあるどの音もおろそかにせずどんな弱音もけっしてかすれない繊細な演奏に憧れを覚え、自分が求めるべき方向性をはっきり認識させられた演奏だった。

ただ悲しいことは、派手な演奏より繊細な演奏を求めてみたところで表現できるための技術習得は見果てぬ夢!

マッサージだけは!

しゃぶしゃぶ食べ放題飲み放題90分コース→30分延長
2軒目スナック90分コース→30分延長
終電もなくなり宿泊のためマッサージ店へ
マッサージ90分コース→受け始めた途端に寝てしまったため幸い延長はなし。

スーパーピアノレッスン録画失敗

高校野球中継が恨めしい!

高校野球の放送など私の故郷北海道と子供の頃から憧れていた王さんの母校早稲田実業だけで十分!?

まっ、録画予約は念のため日曜日の再放送も毎週定期予約してあるので実害はないと思うが。

今日の練習

今日の練習は
・ツェルニー30番練習曲、40番練習曲から数曲
・ドビュッシー グラドゥス・アド・パルナッスム博士
・   〃   アラベスク1番
・ベートーヴェン ピアノソナタ27番2楽章

ベートーヴェンの練習のうち特に注意したのは
後半、1小節のpoco rid後のa tempoから4小節
(右手が8分音符主旋律+16分音符内声部ではなく、16分音符分散和音だけの部分)
につき、主旋律となる部分が響くよう意識して右手だけ、そして両手合わせてハーモニーが浮き出るように。

ベトソナ27番2楽章のレッスンを受けて

指導内容の主なものは
・左手16分音符が「たかたか」と聞こえる箇所がある、右手がそれにつられて歌えていない
 →左手はアクセントをつけず揃えて、右手はしっかりうかうこと。
・どの音も浮かぬよう、ppを指だけで弾くと浮いてしまうので腕の重みをのせて
・旋律を指のレガートで繋げる、指の力で繋げるのではなく手首の動きで
・分散和音の中の旋律が浮かびあげるように、そしてレガートで繋げて
・左右のハーモニーがきれいに出るように
・ディミネンドは特に意識して丁寧に
・クレッシェンドなど強弱をもっと思い切って出していい
・フォルテは力で押し込まずないで腕の重み全体を鍵盤にかけて
・正しい姿勢を保って(スムーズに鍵盤に伝えられない)
・フレーズの最後の音を丁寧に

ベートーヴェンのための指導というよりも
「普通に聴いていて粗が目立つところの技術的指導及び表現指導」が殆どだ。

普段から技術的基礎練習を地道にこなし、
・浮かない指、滑らない指作り
・脱力を心掛け指先だけでコントロールするのではなく腕全体を使い、ppでもかすれずに響く音、fは叩きつける音ではなく深みのある音
等(他にも沢山)を身に付け克服していかなければ。

また普段から自分の音をちゃんと聴き丁寧に弾く習慣が身に付いていないと認めざるを得ない指摘も多い。

一つ一つ根気強く丁寧に克服し、レッスン曲に特化した表現重視のレッスンを受けられるようになりたい。

とは言っても、まだスケールもまともに弾けない初心者。
高望みはせず今はどの曲を弾く上でも必要な技術の土台作り、基礎固めが大切か?

・・・と毎回、同じようなことを日記に書きながら進歩のない日々。
その逆で進歩がないから同じ日記内容になってしまうのか?

その典型が「へべれKで・・・」
私に欠けているもの=学習能力&自制心。

今日のレッスン

ベートーヴェン・ピアノソナタ27番2楽章

指摘内容は
・左手16分音符が浮いている
・クレシェンドは力で押し込まない、指を鍵盤から離さず手首を柔らかく腕全体の重みを伝えて
・レガートは指の力で繋ぐのではなく手首の動きで
 ・・・親指の動きを例に単音のレガートを弾いた後、重音レガートの練習
・分散和音を和音で押さえ、旋律を意識して出す(強く)練習
 ・・・最初は右手だけ、その後左手を合わせても旋律を出せるよう(そして左右のハーモニーにバランスよく出せるようにならなければ)
・左手に意識が集中し右手がつられているところがあるので、つらることなく右手の旋律をしっかりうたうこと
・後半も動きを持って流れるといい

今日のレッスンでサロンコンサートの話は出なかった。

しばらく、レッスンではこの曲を仕上げることに専念しよう。

レッスン終了後、暑さ対策のため昼食はキムチをたっぷり載せた熱い坦々麺。
それでも汗がかき足りず七味唐辛子をたっぷりかけた辛ラーメンを追加。
滝のように流れ出る汗に気分爽快。

でもこれでは夏太りしてしまう。

またまた

やってしまった!

それにしてもタイトルに「ま」と入力しただけで「またまたやってしまった」が変換候補として自動表示されるとは・・・

私の学習能力とパソコン(日本語変換)の学習能力は正反対だ。
・・・って、感心している場合ではない!

サロンコンサートの選曲

とりあえず新曲のレッスンを受け、サロンコンサート直前の仕上がり具合により改めて選曲する方向で検討中。
プロフィール

へべれK

Author:へべれK
子供の時にちょっとだけピアノを習っていましたが終わった教材はバイエルだけ。
「お父さんのためのピアノ講座」(NHK教育テレビ)を見て触発され、この位なら自分にも弾けそうと思い30代半ばにして再開。
電子ピアノは娘が懸命にピアニカを演奏する姿にピアノがあったらさぞや喜ぶと思い購入済み。
ところがピアノはそんなに甘いものではなく、全く思うように指が動かない。
練習曲を買って半年間練習してみたけれども進め方がわからない。
これはレッスンに通うしかないとピアノ教室入会を決意。
(ピアノ教室のキャンペーン期間中で、入会者には焼肉レストラン招待券進呈が、決意を確固たるものに)

それ以来、下手の横好きでピアノを愛するへべれKです。

レッスン&オフ会記録
にほんブログ村
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ初心者へ にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ
キロック友の会
キロック友の会
イラスト けんば~んさん作
リンク
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
カレンダー
07 | 2006/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

brogram
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。