スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

素晴らしい新年を迎えられそう。

 連日の飲み放題忘年会を常に全力手抜きなし。 
・・・その結果、昨年同様せっかくの年末休暇も全くお酒を受け付けない体調が続く。 

学習能力と自制心・・・私にとってピアノ技術や緊張の克服以上に永遠の課題だ。

でもその副産物でお酒の抜けきった爽快な目覚めで元旦を迎えられそう。
スポンサーサイト

複合機購入

複合機

6年間使用していたプリンターが故障し、ぐるなびクーポンを印書出来ない不便さを痛感したため、複合機(プリンター、スキャナー、コピー)を購入。

早速、先週土曜日にレッスン終了しながらも、まともに弾けなかった幻想曲Piu Allegro部分をスキャンしてみました。

でもアップしてもいいのかな?
著作権の消滅した作品についても版面権(日本では明文化された法はありませんが、海外では版面権自体が法制度化されている国もあるようです)が存在する可能性が。

それに楽譜をアップする暇があったら部分練習を繰り返した方がよさそうな。

まあ心配以前にものぐさな私のこと、これが最初で最後のスキャンかも?

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

版面権の補足

「版面権」とは出版者保護のための「版の権利、版面の権利」のことですが、法律により明文化されたものではありません。

しかしながら楽譜の校訂、配置等は著作者の創作行為に準じた知的行為であり、著作権と同様に著作隣接権として当然保護されるべき性質のものです。
また出版関係者は、より権利関係を明確にするため版面権創設を要望しています。

英国など海外では版面権が法で規定されている国もあるようです。

発表会に向けて

来年6月28日発表会演奏曲の候補としてレッスンを受けていたモーツァルト幻想曲KV475。

レッスンを受ける2ヶ月以上前から技術的に困難なクライマックスのトレモロ風アルペジオの部分練習を繰り返しました。

レッスン前の録音(13小節続くアルペジオのうち6小節)
今現在の演奏は録音機の故障でアップ出来ませんが殆ど進歩が無く7小節目からの破綻が酷い状態です。

結局、技術的に弾けないまま今週末で10月からのレッスンが終了する予定です。

そして翌年からは幻想曲とまったく同じ短調のユニゾンで始まるKV457のレッスンを受ける予定で読譜中。

発表会演奏曲は白紙に戻りましたが、今は納得のいかなかった幻想曲クライマックスを発表会直前まで部分練習を繰り返したい心境です。

技術的な問題は練習を繰り返したところで解決できるとは限りません。
むしろ、あと半年間練習を繰り返したところで克服できる可能性は極めて低いと感じます。

それでも発表会で弾きたい気持ちは捨て切れず、自分なりに納得できれば再びレッスンを受けたい思いが。

たとえ自宅練習で弾けたとしても発表会では緊張で身体が震え弾けないことはわかりきっているのに。


忘年会でへべれK、独り部屋に篭っていると希望と落胆が交錯しながら結局妄想の世界に辿り着く[:たらーっ:]

電子ピアノとアコースティックピアノの違い

今日のレッスンにてバーナム練習曲を弾いていると自宅練習では聴こえなかった音が突然鳴り出しました。

全音符の和音を音をたてずに押さえ保持したまま他の鍵盤を打鍵する曲での出来事です。

アコースティックピアノは鍵盤を押すとダンパーが開放されるので、鍵盤を押しっぱなしで音が鳴っていない状態でも他の鍵盤を打鍵すれば倍音に共鳴して弦が響き出すことを実感。

これでは電子ピアノがアコースティックピアノの波形を単音でいくら忠実にサンプリング出来たとしても、鍵盤を押さえることによりダンパーから開放された弦の共鳴効果までシュミレート出来なければアコースティックピアノの響きを再現出来ませんね。

機種によってはダンパーペダルの共鳴効果をシュミレートしているものもあるようですが、私の電子ピアノで試したところ共鳴効果は感じられず伸音効果があるだけのようです。

但し、グランドピアノの音色をサンプリングしているためソフトペダルではアップライトピアノで表現不能なウナ・コルダ効果による音色の違いが味わえます。

共鳴については純正音階と平均律との属音の違いも試してみたくなりました。
(純正音階の属音(完全5度)は2:3(1.5倍)の整数比ですが平均律の場合は2^(7/12)=1.4983倍)


また音を出さずに鍵盤を押さえることはアコースティックピアノの方が容易でした。

電子ピアノの多くは非常に弱く打鍵しても音が鳴るように調整してあるそうです。
このことがアコースティック・ピアノに向かったときの音抜けの原因になるとか。

でも私の場合、電子とアコースティックの響きの違い以前に技術的基礎を固める方が先決です[:悲しい:]
プロフィール

へべれK

Author:へべれK
子供の時にちょっとだけピアノを習っていましたが終わった教材はバイエルだけ。
「お父さんのためのピアノ講座」(NHK教育テレビ)を見て触発され、この位なら自分にも弾けそうと思い30代半ばにして再開。
電子ピアノは娘が懸命にピアニカを演奏する姿にピアノがあったらさぞや喜ぶと思い購入済み。
ところがピアノはそんなに甘いものではなく、全く思うように指が動かない。
練習曲を買って半年間練習してみたけれども進め方がわからない。
これはレッスンに通うしかないとピアノ教室入会を決意。
(ピアノ教室のキャンペーン期間中で、入会者には焼肉レストラン招待券進呈が、決意を確固たるものに)

それ以来、下手の横好きでピアノを愛するへべれKです。

レッスン&オフ会記録
にほんブログ村
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ初心者へ にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ
キロック友の会
キロック友の会
イラスト けんば~んさん作
リンク
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
カレンダー
11 | 2008/12 | 01
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

brogram
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。