スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

発表会迫る?

今日のレッスンにて発表会プログラム掲載のため8月15日迄にコメント提出を求められた。

創造力が乏しい私は感情を文章で表現するのが苦手で億劫。

妄想は得意なのに・・・

コメントを考えるのが面倒なので昨年発表会のコメントを振り返ると

『ピアノレッスン開始当時に感銘を受けたミシュク・ピアノリサイタルと同じウィーンホールの舞台に立てるなんて夢のようです。

でも緊張で本番前に逃げ出してしまいそう。本当に夢で終わらなければればいいですが。』

酔っ払った勢いで書いたとしか思えない文面・・・そして酔っ払った勢いで先生にメールした形跡が
そしてそして今、酔っ払った勢いで日記を書いている


最近の自宅練習はレッスン曲そっちのけで次レッスン予定のバッハ平均律1巻15番前奏曲ばかり。


バッハ平均律1巻の中では練習曲のような規則性のある前奏曲2、3、5そして練習中の15番がお気に入り。

理由は、比較的譜読みが楽で技術向上が期待でき仕上げればレパートリーになるので練習意欲が沸くところ。 
スポンサーサイト

最近、家で音楽を全然聴かないし

今日は2週間振りのレッスン。
まず10月開催ピアノ教室発表会演奏曲のシューベルト即興曲Op.90-3を通して弾き

「音楽が流れていない、いつもより力が入って音がかすれている。ではバッハを見ましょうか」
と言われすぐに切り上げバッハのレッスンが中心。

前回レッスンより進歩がないどころか後退している現状では指導のしよう(しがい)がないのも致し方ない。


限られたレッスン時間をレッスン効果が薄い曲に割くよりも進歩途上のバッハに割いて下さるのはありがたいですが。


バッハの次のレッスン曲も決めていないし自分が音楽に興味があるのかさえ疑問に感じる今日この頃。


シューベルトのレッスンをすぐに切り上げたのは倦怠感を察したとも感じられます。

上達意欲が沸かないままレッスンを継続するのは先生に申し訳ないような・・・

プロフィール

へべれK

Author:へべれK
子供の時にちょっとだけピアノを習っていましたが終わった教材はバイエルだけ。
「お父さんのためのピアノ講座」(NHK教育テレビ)を見て触発され、この位なら自分にも弾けそうと思い30代半ばにして再開。
電子ピアノは娘が懸命にピアニカを演奏する姿にピアノがあったらさぞや喜ぶと思い購入済み。
ところがピアノはそんなに甘いものではなく、全く思うように指が動かない。
練習曲を買って半年間練習してみたけれども進め方がわからない。
これはレッスンに通うしかないとピアノ教室入会を決意。
(ピアノ教室のキャンペーン期間中で、入会者には焼肉レストラン招待券進呈が、決意を確固たるものに)

それ以来、下手の横好きでピアノを愛するへべれKです。

レッスン&オフ会記録
にほんブログ村
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ初心者へ にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ
キロック友の会
キロック友の会
イラスト けんば~んさん作
リンク
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
カレンダー
06 | 2010/07 | 08
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

brogram
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。