スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

セピア色の写真

昨日、現実逃避の20Kmウォーキング中に何度も聴き返した「セピア色の写真」



過去に目にした美しい光景、そして切ない想いが蘇り感傷にどっぷり浸かりながら。
そして独りで聴くのはあまりい。

独り美しい光景を目にし、美しい旋律を耳にすると感動を共感できる人がそばにいない寂しさに苛まれる。

若かれし日々は独り美しい音楽を耳にすると溢れる感傷を押さえきれず夜明け前に独り海岸に向かい水平線から昇る日の出を見つめながら更なる感傷にどっぷり浸かったものだった。

大人になってからは堪えきらない寂しさから逃れるため独り美しい光景を目にすること美しい旋律を耳にすることを敢えて避けてきた。

でも言葉では言い表せない今の心境を「セピア色の写真」が端的に表しているようで、この曲から逃げていては音楽が直接感情に訴えかける素晴らしさを自らの心の壁で受け付けない心の狭さが心豊かな人生への道標を自ら手放しているようで悲し過ぎる。

この曲を弾きたい衝動にかられたが、自分の拙いピアノでは溢れる感情を表現できない切なさに溢れ出る涙は全世界の海の水の量をもってしても、とても足りなさそう。

誰かに弾いてもらいたい。
・・・と昨日のショックを忘れるため金の麦を飲みながらすっかりへべれKの戯言。

スポンサーサイト

明日は(走り書き)

バッハ平均律1巻7番フーガ3回目のレッスンだと言うのにこの一週間殆んど練習していない。
毎日ウィンブルドン観戦で夜明けまで夜更かし。

試合開始から観戦していた今日のナダル戦。
1-2でセットダウンのナダルが2ブレイクでセット奪取、ペースを掴みかけたきた4セット終了時点で照明点灯のための屋根開閉作業のため30分中断。
時刻はもう5時近い。
中断の間にシャワーと朝食を済ませ、ファイナルセット観戦に万全を期したものの中断でナダルに傾きかけていた流れが再び相手選手に訪れ4-5でリードされた6時で試合途中にかかわらずWowow放送終了。

居てもたってもいられず家を出る。
じっとしていると試合の結果のことばかり考えてしまうので今日は一睡もしていないにもかかわらず何も考えたくない一心で20kmのウォーキング。

ナダル敗戦の結果を知り家に辿り着いた時には疲れがどっと出てピアノ練習どころではない。

こんなことで落胆していられるのは他に悩むことがない証、幸せな人生と言えるかも知れない。
いや自己努力を何もせず他人の活躍に一喜一憂する生き様は何とも無価値で寂しい人生と感じてしまう。
いやいや自分では何も出来ないのだから他人を通じて達成感を見出すしかない。自分の成長に全く寄与しなくても我が満足すればそれでいいのではないか。
・・・とあれこれ考えがかけ廻る。

でもこれでテニス観戦を気にせずピアノに集中できれば御の字。
いやいやピアノに集中出来るどころか落胆でますますピアノ離れが続きそう。

一番辛いのは選手自身、ショックで落ち込むよりも前向きに応援してこそファン。
落胆していたのではファンと言うのはおこがましい。

何の取り柄も才能も無い私は昔から一流選手を応援し栄冠を手にするごとに自己実現を果たしたつもりの自己満足。
自分を高めようとする努力はないがしろに。

欲求不満解消のための防衛機制の一つである「同一視」(自分にない名声や権威に自分を近づけることによって自分を高めようとする。他者の状況を自分のことのように思うこと(Wikipediaより))の顕著な例と言えるかも知れない。

そして私は応援している選手が期待通りの結果とならなかったショックが延々と尾を引く。
ボルグがウィンブルドン6連覇を逃したマッケンローとの敗戦も31年経過した今も受け入れることが出来ない。

以前、女性店員さんが笑顔で優しく接客下さっているのに威圧感と底知れぬ恐怖感を抱いたことも思い出される。

その原因はアルベールビル五輪で伊藤みどり選手を破り優勝したクリスティヤマグチに店員さんが似ていたことと後に判明。

応援していたみどりちゃん敗戦ショックが心の奥底に刻まれていたのだ。

支離滅裂な日記を延々と書いてしまったが、これも全てナダル敗戦ショック(涙)

へべれKブログ・テニス観戦カテゴリー

涙が枯れない

まだ処分せず台所に残された無残に割れた瓶を見るたび、大切にくるんで持ってきて下さった大将への申し訳なさと久しぶりに10年ものの紹興酒を口に出来る夢が儚く消え去った悲しさから涙が溢れて止まらない。

でもいただいた2本中、幸い1本は無事割れずに残っている。

花彫

悲しさから逃れるためには口にせずにいられない。

大将への感謝の気持ちを込めて心していただきま~す。


そして紹興酒を大切にくるんで下さったミッキーちゃんのカワイイハンカチは発表会等の大切な場に必ずズボンのポケットにそっとしのばせ、緊張の汗を拭いながら肝の据わった大将の優しさを思い浮かべ勇気と度胸をいただくのだ♪

大将ごめんなさい

昨日はピアノレッスン終了後、ダイエットのため歩行距離を稼ぐために一旦家に戻ってからピアノサークル・オフ会へ。

家に戻ることによりへべれKになる前にレッスンメモをブログにアップ出来た副産物も。

サークルオフ会では予定通りバッハ平均律クラヴィーア曲集第1巻7番前奏曲&フーガを弾き終えた後、2順目が回ってきたのでバッハ平均律クラヴィーア曲集1巻1番前奏曲も弾きスタジオ演奏終了。

2次会では記憶を失わない作戦決行。
今まで記憶を失ってきたオフ会は欲求の赴くまま自分のペースでお酒を注文していた。
自分で注文を判断するから誤りが生ずるのだ。自分で判断せず人任せにすれば誤りようがない。万が一誤りが生じても自分で判断するよりはその確率は極めて低いはず。
今回は崇拝する大将のペースに合わせ大将注文のたびに同じものを注文。
作戦が見事功を奏し2次会終了後も意識がはっきり、今後は2次会開始と同時にペースメーカーを見つけることが重要と学習。

そして無事帰宅後、大将からいただいた紹興酒2本をブログにアップしようとした矢先の悲劇。

私はデジカメを持っていないので娘からデジカメを借りピアノ椅子の上に紹興酒をくるんでいたミッキーマウスのハンカチを広げその上に乗せた紹興酒を撮影するも何故かメモリーカードに保存されず、何度撮っても上手くいかない。

自分で撮影するのを諦め、娘に撮ってもらうためピアノ椅子の上に紹興酒2本を乗せたまま階段を降りる際に惨劇が。

バランスを崩し紹興酒を落としてしまった。

紹興酒

せっかくいただいた紹興酒を記録に残すばかりか、滅多に口に出来ない10年ものの紹興酒を美味しく味わうことさえ叶わぬ夢と消えた大惨事。


娘からは「声をかければ上に行って撮ったのに」と・・・
そうそう、リビングに紹興酒を運ぶ必要は全く無かった。
紹興酒を運ぶにしてもピアノ椅子に乗せたまま運ぶなんて要領悪すぎ。

酔っぱらうと冷静以前の当たり前の判断さえ全く出来ない。
「今後は2次会中はもとより2次会終了後も判断は一切避け早く寝ることが惨劇回避の最善策」と学習し貴重な紹興酒と引替に一つ利口になったと自分に言い聞かせること位しか悲しみから逃れる策が見つからない。

それにしても紹興酒の瓶が割れないようカワイイミッキーマウスのハンカチで大切にくるんで下さったのに。

大将のご好意を無駄にしてしまい本当にごめんなさい。


油断大敵、やはり「記憶を失わなくて済みそう」なんて楽天的なことを書くとろくなことがない。
無事帰宅出来て後は床に就くだけと安堵した矢先、最後の最後に暗示が蘇ってくるとは(涙)

バッハ平均律1巻7番フーガレッスン2回目

レッスンメモ

・多声を弾き分ける(三声に聴こえない)
・拍を正確に、かつ歌を失わずに
・内声が滑っている
・テーマ(主旋律)をはっきりと

これからサークルに出かけるが二次会参加者が少数で呑兵衛は大将くらいだから記憶を失わなくて済みそう。
いやいやこんなことを書くとろくなことがない。
過去何度全く予期せぬところで突然記憶を失ったことか。
油断大敵。油断しなくても記憶障害は突然やってくるのだから。

バッハ平均律1巻7番フーガレッスン初回

先週末コミュ発表会演奏(バッハ平均律1巻7番前奏曲)の録音を聴くと弾き直しが多く音楽の流れが止まってしまい非常に聴き苦しく感じ課題が明確に。

多声を弾き分けられない、ミスタッチが多い等の課題は現力量から致し方ないと諦め覚悟していたが「弾き直しすると音楽の流れが止まってしまうのでミスタッチがあってもそのまま進むこと」とレッスンで何度も注意を受けている。
また「弾き直しは癖になっていまうので普段から弾き直しをしないこと、そのためには弾き直しをしないで弾けるテンポを設定すること」とも。

まさに弾き直しが習慣となっているから弾き直して流れを止めようとも弾きながら違和感を覚えなくなってしまっているのだろう。
録音を聴き初めて流れの悪さに気が付き愕然とする。
練習習慣がそのまま人前演奏に出てしまったであろう普段の集中力を欠いた練習を反省。

聴き苦しく感じない演奏のためには演奏開始前に弾き直しをしないで弾けるテンポを設定しそのテンポを最後まで守り抜くことが重要と改めて実感。
「地味で印象に残らない演奏」の目標達成のため普段から意識を集中させて練習に取り組まなくては。


そして今日のレッスンはバッハ平均律1巻7番フーガ。

最初に通して弾いた後、右手だけ、左手だけ、そして最後に両手を合わせて。
指摘内容もいつもと同様、片手で多声を弾き分ける、旋律を歌うこと。
その他には薬指をもっと寝かせてフィンガーノイズを無くすように。

各声部毎の地道な部分練習と共に、自宅練習でも通して弾くと決めたら弾き直しをしないテンポを予め設定し絶対に弾き直しをしない決意で意識を集中させて。



と毎回レッスン記を書きながら数週間後、そして数年後を見据えても過去の経験上演奏面で成長した自分の姿を全く想像出来ない。
想像したく無くても過去の経験上確実なのは一週間後のオフ会で能天気に飲んだくれ醜態を晒す自分の姿だけ

バッハ平均律1巻7番前奏曲レッスン7回目&コミュピアノ発表会

昨日はピアノレッスン&「ピアノ大好き・・・だけど」コミュニティ発表会。

ピアノレッスンでは平均律1巻7番前奏曲が終了し次回からはフーガ。
レッスン終了時に「これからこの曲を弾かれるのですか?」と先生に尋ねられ「はい」と答えながらも「先生は何故発表会のこと知っているのだろう?」との疑問がしばらく解けず不思議な気分。
「サークル発表会があるからレッスン時間を早めて欲しい」と自分でお願いしたことをすっかり忘れていたのだった。
そして発表会に直行。

「バッハを他人に聴かせる演奏をしようなんて大それたことは考えておりません。
感情表現が苦手で地味な私には地味な演奏が似合っていると全く印象に残らない演奏を目指して練習してまいりましたが、全くスラスラ弾けずに今日にいたり地味な演奏さえも叶わぬ夢で終わりました。」
とのコメント用紙を渡し司会者に読んでいただき、実際の演奏も予定通りつっかえつっかえ。

予定通り演奏を終えた後は皆さまの演奏をじっくり堪能しながらサポタで毎日応援し続けたトモリカさんの演奏を待つばかり。
発表会直前まで懸命に練習した成果が発揮され表情豊かな素晴らしい演奏。
それでも途中でとまってしまい自分の想い通りに弾き切れなかったトモリカさんの胸中を察すると胸が締め付けられる思い。
途中止まっても懸命に取り組んだ練習成果は音色に十分表れていた。
本番で思い通りに弾けなくても懸命に練習に取り組んだ日々こそ一生の財産。
との素直な感想を率直に伝えたかったが、懸命に練習に取り組んできたからこそのショックで今は何を言っても耳に入りそうにない。
二次会で思いっきり弾けていただけることを祈るのみ。

二次会では記憶を失わない予定ながらも万が一に備え開始早々一緒に電車で送ってもらえる同方面の方を確保。

ソルティドックが品切れだったのは誤算だが、紹興酒を美味しそうに飲む周りの姿に我慢できず予定より一時間早く20:30に紹興酒ボトルを注文した以外は家を出る前から二次会に至るまで全て計画通りに行動。
3時間半我慢してやっと口にした紹興酒はあっと言う間に一本空いてしまい透かさず2本目を注文。
3本目を頼んだか否かは記憶が無い。
コミュメンバーが心優しい方ばかりでついつい安心して羽目を外してしまうのだ。

それでも無事家に辿り着けたのは紹興酒1時間前倒しの他は全て事前計画通り行動できたから。
最初から紹興酒を飲んでいては5時間持つわけがない。

「飲み放題オフ会では事前にタイムスケジュールをアップし飲み会開始と同時に公言することが記憶を失わない秘訣」が昨日得た教訓♪

記憶を失わないための土曜日スケジュール

明日はピアノコミュ発表会。
でも私にとって発表会本番はレッスン途上でまともに弾けないことがわかり切っている自分の演奏はどうでもよく、この日のために仕上げられた皆さんの演奏を堪能することが楽しみ。
心の内では発表会は二次会の前座、一番の楽しみは時間無制限中華食べ飲み放題の二次会、そして一番の課題は幹事を任せられた二次会でいかに最後まで意識を保ち続けられるか。

記憶を失わない目標達成のためには事前の綿密な行動計画が大切。
・0:00~3:30 全仏オープンテニス観戦
・3:30~4:00 ナダル勝利の余韻に浸る
・4:00~4:30 空腹を我慢できず夜明けと供に卵&ワカメをトッピングしたどん兵衛の朝食。
・4:30~9:00 仮眠
・9:00~9:30 朝風呂ですっきり
・9:30~10:20 ピアノ練習
・10:20~10;25 着替え
・10:25~10:30 持ち物チェック
  ・財布
  ・時計代わりのウォークマン
  ・三脚
  ・楽譜(バッハ平均律、コルトーのピアノメトード)
  ・思いもよらぬ怪我をしたときのための湿布
  ・急な便意を催したときのためのティッシュペーパー
  ・演奏に堪能し感極まって思わず溢れ出た涙を隠すためのハンカチ
  ・参加者名簿
  ・参加者配布用二次会地図
  ・司会者に渡すコメント用紙
  ・発表会の感動を書き留めておくための筆記用具
  ・書き留めた用紙がぐちゃぐちゃにならないためのクリアファイル
  ・自分の恥ずかしい演奏後の赤面隠しのための仮面
・10:30 家を出発
・11:00~11:30 ピアノレッスン
・12:40 発表会会場到着
・13:00~16:30 発表会本番
・17:00~ 二次会開宴 食べ飲み放題開始
・22:00 ラストオーダー
・22:30 二次会閉宴

でもこんなスケジュールを立てたところで意味が無い、二次会の飲み物オーダースケジュールに的を絞らなければ。
本気になればインコ並みの危機管理能力を持ち合わせていることを証明するためにも。
記憶を失った今年のオフ会を振り返るといずれも飲み放題二次会で紹興酒かワインが絡んでいる。
そこで過去の経験を活かし計画立案。
・ビール
・ソルティドック
・カシスソーダ
・レモンサワー
・Gフルーツサワー
のオーダーを交互に繰り返し21:30時点で意識がはっきりしていたら、そこで初めて紹興酒(甕出し)をオーダー。

でも周りで紹興酒を美味しそうに飲んでいる光景を目にしながら紹興酒をオーダーしない意思の強さを持ち合わせているのか?

絶対にあり得ないと自分でも思いながら万が一21:30まで紹興酒&ワインをオーダーしない計画が実践出来たとして、4時間半の我慢が一気に爆発ラスト30分怒涛の紹興酒攻撃に素面でいられ続けるか?

素面のままの自分を全く想像出来ず、経験上答えは明白。
私に欠けているものは学習能力そのものよりも過去の経験をその後に活かすための自制心( ̄。 ̄)

バッハ平均律1巻7番前奏曲レッスン6回目&動画撮影会

昨日はレッスン&動画撮影会&飲み会

レッスンでは拍感についての指摘を受けたかな?
あと譜捲り直前の箇所は暗譜した方がいいとも。
レッスン後に直行した動画撮影会二次会でへべれK、すっかりレッスン内容を忘れてしまった。

動画撮影会まで時間に余裕があったので一旦家に戻って、レッスン内容のメモ書きだけでもしておけばよかったと後悔。
いや、指摘内容を覚えていてもなかなか改善されないので結局一緒に違いない。

動画撮影会と言っても元々自分の演奏を動画に残す気は全くなく撮影する側専門。

前回の動画撮影会では撮影中演奏者が途中つっかえたところで思わず浮かべた苦笑いが演奏者の目に入り動揺を招いてしまったので、今回は演奏の妨げにならないよう表情を隠すため仮面を被りながら演奏鑑賞。
Halloween_convert_20120603204533.jpg

その甲斐あってか見事撮影終了、本日全世界配信向けにアップ完了♪

トモリカさん演奏ハイドン・ピアノソナタ35番第2楽章。


2次会では呪いのピアノの話もでて「お祓いより修理に出せばいいだけ」と適切なアドバイスもいただいたが、打鍵せずとも突然鳴り出す奇妙なピアノに愛着が湧き修理に出すのを躊躇している今日この頃♪
プロフィール

へべれK

Author:へべれK
子供の時にちょっとだけピアノを習っていましたが終わった教材はバイエルだけ。
「お父さんのためのピアノ講座」(NHK教育テレビ)を見て触発され、この位なら自分にも弾けそうと思い30代半ばにして再開。
電子ピアノは娘が懸命にピアニカを演奏する姿にピアノがあったらさぞや喜ぶと思い購入済み。
ところがピアノはそんなに甘いものではなく、全く思うように指が動かない。
練習曲を買って半年間練習してみたけれども進め方がわからない。
これはレッスンに通うしかないとピアノ教室入会を決意。
(ピアノ教室のキャンペーン期間中で、入会者には焼肉レストラン招待券進呈が、決意を確固たるものに)

それ以来、下手の横好きでピアノを愛するへべれKです。

レッスン&オフ会記録
にほんブログ村
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ初心者へ にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ
キロック友の会
キロック友の会
イラスト けんば~んさん作
リンク
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
カレンダー
05 | 2012/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

brogram
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。