スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

超へべれKとなった一昨日の猛省を込めて

昨年味わった痛みを思い出し二度と同じ過ちを繰り返さないよう、脱臼で通院していた病院経由で散歩に行って参りま~す♪
スポンサーサイト

酒やめたい

昨日の飲み放題オフに向けてこの一週間、紳士淑女の会会長と連弾予定のギロック・ジャズスタイルと同会長とリレー予定の悲愴1、3楽章、そしてリバーさんと連弾予定の花のワルツを毎朝4時起きで練習を重ねてきた。
それなのにリバーさんヴァイオリン演奏の伴奏を無事弾き終えた途端、ほっとして酔いが回りピアノ演奏などどうでもよくなり飲んだくれ、またまた醜態を晒してしまった。
会場は5時間貸切なので演奏する時間はたっぷりあったのに勿体無い。

後悔先に立たず・・・と言うか、過去何度も同じような経験をしても全く学習しないへべれK。


この屈辱は昨日と同じ会場で3時間飲み放題5時間貸切の紳士淑女の会で晴らさなければ。

でもでも、昨日だって、お酒を飲み始める前まではギロックも悲愴も花のワルツも絶対に弾かなきゃ帰れないとの意気込みだったのに。


学習能力、自制心ともに永遠の課題のへべれK。
無事雪辱を果たすためにはお酒をやめるしか手はないのか?

レッスン終了→オフ会へ

サラバンド4回目のレッスン

・ブレスの後も音楽の流れを途切れさせないよう綺麗に和音を繋げて
・ブレスの前の最後の音を丁寧に(最後の音がフレーズの流れから離れた独立した音に聴こえないように)
・アルペッジョはソプラノを強調して旋律を繋げて(ただ音がバラけているように聴こえている)
等の指摘を受け、サラバンドのレッスンは今回で終了。
後半のクレシェンドは脱力と手首の柔軟性に意識して練習に取り組んだ結果、自分が出したい豊かな音が鳴るようになってきた。
次回からはガボットを見ていただくことに。

そして大将に持っていく約束をしたメンデルスゾーン・無言歌の楽譜をかばんに詰め、これから中華コース飲み放題&ベーゼンドルファー・オフ会に出発。
飲み放題開始と同時にお酒を口にしたいところだがヴァイオリンのピアノ伴奏が終わるまでお酒はお預け・・・と今は心に誓っている。
べろべろの伴奏ではせっかくヴァイオリンを持参して下さるリバーさんに申し訳ない。
それに昨日がピアノ解放日だった喫茶店でママさんにヴァイオリンパートをピアノで合わせていただいた甲斐が無くなってしまう。

果たしてお酒を前にして誓いを守り切れるか?・・・過去の経験上(以下略)

レッスンメモ(サラバンド3回目)

コルトーのピアノメトード
・指の付け根の関節をへこませないように

グリーグ・ホルベアの時代より・サラバンド(両手→左手のみ→両手→右手のみ→両手)
・各声部ごとにもっと歌って、且つ縦の線もぴったり合わせて和音が綺麗に響くように
・テンポに対して腕の動くスピードが速いのでテンポに動きを合わせて、円を描くようにリズムを取ること
・音が浮かないよう鍵盤を底まで沈めて、動きを手首で止めているので手首を柔らかく、指だけの動きではなく肩から弾くように
・強弱のメリハリをもっとつけて、物語が広がるよう多彩な音色で

無言歌集購入

はぴぴあのさんブログ記事にて心惹かれたメンデルスゾーン・無言歌集

無言歌集

レッスン中の「ホルペアの時代より」と来年レッスン予定の「フォーレ・ノクターン」の譜読みに今年いっぱい取り組む心積もりはあるものの、これらの曲だけに明け暮れるのは正直辛どいこともあり購入を決意。
でもいざ楽器店で楽譜を開くと譜読みも技術的にもかなり難しそうで暫く躊躇、それでも1曲1曲の短さが決断の決め手に。
帰宅後改めて楽譜を開き、グリーグとフォーレだけに明け暮れるよりも無言歌の譜を読むことの方がストレスを感じるであろうことに気付かされる。


そしてこれまたピアノ関連ブログのご紹介で興味を持ちamazonに衝動注文しながらも、すっかり注文したことを忘れていたピアニストの脳を科学するが届いていた。
ピアニストの脳を科学する

ところで最近、食べ飲み放題とマッサージのご案内メールがやたらと届く。
どうやら酔っ払った勢いで登録してしまったようだ


話変わって、今週日曜日は知人の演奏を聴きに第3回大人の演奏会に引き続き第4回大人の演奏会に足を運んだのだが、前回同様悲愴2楽章と弾く予定の方が突然キャンセル。
しかも今回はコミュニティで大変お世話になっている友人だったことから代わりに弾きたい衝動にかられ楽譜は用意していなかったものの唯一暗譜で弾けることもあり前回に引き続き急遽飛び入り参加。
我ながら図々しいと思いながらも・・・でもまあ参加料を払ったのだからいいのかな~?


とブログを編集しているうちにモンテカルロ・マスターズ9連覇を狙うナダル選手が無事緒戦突破♪やった~♪♪

本日のレッスンメモ

コルトーのピアノメトード
コルトー
・二つの音を揃えて
・リズムを正確に

グリーグ・ホルベアの時代より・サラバンド 2回目

サラバンド
・4小節のフレーズを一息で
・プラルトリラーにアクセントがつかないように

サラバンド
・アクセントはソの音だけ、装飾音のレにアクセントがつかないように

サラバンド
・呼吸をして、流れをがらりと変えて
・鍵盤を叩いていて音楽的に弾けていない、鍵盤を叩かず音楽的に繋げて(指摘を理解しながらも指を広げ楽譜通り打鍵するだけで精一杯。レガートに繋げること、歌うことが困難)
・クレシェンドのところで力が入って逆に音が出ていない、腕の重みを指に伝えるため力を抜いて


全般的な指摘としても
「力が入ると音が抜けてしまうので力を抜いて腕の重みを鍵盤に伝えしっかり音を鳴らすように」と

発表会後の初レッスン

レッスン前に先週行われた発表会会場まで公園の地面いっぱいに広がった桜の花びらを踏みしめながら約7kmの散歩。
発表会当日会場の行き帰りに聴いていた曲と同じフォーレ・ノクターン集を聴き発表会の余韻に浸りながら♪

心地良いだるさを感じながら気分爽快レッスン室にたどり着くと
「発表会お疲れ様でした。いつも普段の練習通りに弾かれますね。」とのお言葉をいただき、
「普段の練習がボロボロですから」と言葉を返しながらも、つくづく弾き直しボロボロ演奏が本番後の練習会で本当によかったとほっと胸を撫で下ろす。

そして「グリーグ・ホルベアの時代より・サラバンド」初レッスン

まず通して弾き
・16分音符を軽やかに
・ゆったりと拍をとって
との指摘を受け
「4声を綺麗に弾き分けられるように」とのことで
 ・ソプラノのみ→レガートに繋げて
 ・バスのみ
 ・ソプラノ+バス
とそれぞれのパート毎に通して弾いた後、最後に再び合わせて通して。
「力の抜けた状態でソプラノが際立たせられればいい。」のお言葉をいただきレッスン終了。
プロフィール

へべれK

Author:へべれK
子供の時にちょっとだけピアノを習っていましたが終わった教材はバイエルだけ。
「お父さんのためのピアノ講座」(NHK教育テレビ)を見て触発され、この位なら自分にも弾けそうと思い30代半ばにして再開。
電子ピアノは娘が懸命にピアニカを演奏する姿にピアノがあったらさぞや喜ぶと思い購入済み。
ところがピアノはそんなに甘いものではなく、全く思うように指が動かない。
練習曲を買って半年間練習してみたけれども進め方がわからない。
これはレッスンに通うしかないとピアノ教室入会を決意。
(ピアノ教室のキャンペーン期間中で、入会者には焼肉レストラン招待券進呈が、決意を確固たるものに)

それ以来、下手の横好きでピアノを愛するへべれKです。

レッスン&オフ会記録
にほんブログ村
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ初心者へ にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ
キロック友の会
キロック友の会
イラスト けんば~んさん作
リンク
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
カレンダー
03 | 2013/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

brogram
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。