スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

レッスンメモ

発表会に向けての最後のレッスン。


まず、甘い思い出、トロイメライをそれぞれ弾き
・発表会は雰囲気を楽しんで
・ミスタッチは気にせず
・落ち着いて、ホールの響きを味わいながら
等、助言を受け、

発表会本番に想定し、楽譜を持っておじぎするところから2曲通し、弾き終わって舞台袖に戻るところまでの予行。
・すぐに楽譜を交換しない
→手をひざの上に乗せ、1小節分音楽の余韻に浸ってから次の曲へ
  (発表会で2曲続けて弾くのは初めての経験、普段オフ会で制限時間内に収まるよう、間髪入れずに次の曲を弾く癖が染み込んでしまっているようだ)
・全て弾き終えたら、まず楽譜をピアノの上に置き、おじぎをしてから 楽譜を持って舞台袖に向かう

最後に先生のピアノ伴奏&指揮に合わせて合奏練習、通常レッスンの後に予定されていた合奏者揃っての合わせ練習は参加者が集まらないため中止に。

そしてレッスン翌日の日曜日にフルートの先生も参加し合奏者揃っての最初で最後の合わせ練習。
そのまま発表会前最後のピアノ練習会、父の入院先、実家に直行して、実家から出社、今帰宅。
スポンサーサイト

レッスンメモ

雪のため余裕を持っていつもより30分早く家を出たら15分前にピアノ教室に着いてしまった。
そして急遽、発表会でフルート・ソロ主旋律による合奏「コンドルは飛んで行く」の打楽器も務めることを言い渡され、通常レッスン開始時刻の10分前から先生の指揮に合わせ手拍子による合わせ練習。
続いて主旋律奏でる先生のピアノパートに合わせ「銀河鉄道999」のシンバル練習。

2曲の合奏練習だけで残りレッスン時間が15分程となったため、今日はコルトーのレッスンは省き、発表会本番を想定してコピー譜による演奏。

☆甘い思い出
 一度通して弾き
 ・危ないところは、焦らずむしろゆっくりと
 と指摘を受けもう一度通して弾く
☆トロイメライ
 一度通して弾き
トロイメライ
 ・ファの音をもっと深く
 と指摘を受け繰り返し後のa tempoの箇所から最後まで弾き
 ・最後の和音はもっと延ばして、消えるように
 との指摘でレッスン終了。

甘い夢とトロイメライは、1日1回は発表会を意識しながら二曲通して弾くようにしていが、
それよりも今の練習は発表会後の初レッスン(3月8日)に間に合うよう、ブラームス間奏曲Op.118-2が中心。
日々譜読みの進歩を実感でき、レッスンの指摘が克服困難で練習が苦痛に陥る前の、今が一番楽しくついつい時間を割いてしまう。

ところで、実家から帰宅した翌日、姉からメールがあり、ますます元気になって私がお見舞いに来たことを話すと喜んでいて、また「確定申告をやらなくちゃいけないんだよ」と心配していたとのこと。
昏睡状態の中でも持ち続けた還付金への執着が生への源泉だったのだと感慨に浸った。時には執着も必要なのね。
また明日は朝練会から病院に直行してそのまま姉宅に泊まり、姉宅から通勤だ。

あとamazonに注文しながら、注文したことすら忘れていた「バレンボイム音楽論」が配達された。
バレンボイム音楽論
本人さえ忘れているのに大雪の中ご苦労さまです。ありがたや~♪

いつの間にか寝てしまった。

何故か場内アナウンスで自分の名前が告げられリンクに上がる。 しかし衣装のホックが止まらない。
急に出ろと言われても困っちゃう、オリンピックに出ることが前から分かっていればダイエットしたのに~!・・・と後悔しているところで目が覚め、テレビ中継は第3グループ開始前。

そして結弦くんが金

親不孝 姉不幸

先週姉から(昨年胃がんと食道がんが見つかり入院し12月31日に退院していた)父が1月31日に再び入院して、非常に危ない状態との連絡があり、土曜日のピアノコミュ新年会をキャンセルして金曜日会社を早退して父の入院先に直行。
病室で父は意識を戻すことはなかったが、姉と母によると一時よりはかなり症状が安定してきたとのことだった。
再入院時は「苦しみ暴れる今の父の姿を見たところで辛くなるだけ」と私への連絡を控え、
その後、昏睡状態が続き医師からは「今日、明日がヤマ」との宣告を受け、ようやく覚悟を決めて私に連絡したとのこと。

母は夜中いつ病院から連絡があってすぐに病院に向かえるよう再入院以来、病院近くの姉宅にずーっと寝泊り。

私も覚悟を決めて病室に出向いたものの、容体が安定していて一安心。
その翌日も母と姉とも「もうびくびくしなくても病院から今日明日に連絡がくることはなさそうだね」と安心しながら話していた。
その途端、新年会参加の未練を捨てきれず幹事さんにオフ会参加のお伺いを立て、参加OKの返事をいただき、お見舞いに行って症状が落ち着いていたらオフ会に参加すると決めた。

そして見舞いに行くと意識は戻らないものの表情は更に回復兆しにあり呼吸は安定しているので、そのままオフ会に直行。

姉と母には「前から約束していた会があり18:00に終わるので20:00には家に着ける」と伝えて。

オフ会に向かった時は飲んだくれている場合ではないし準飲み放題の二次会はコース料理で人数が確定しているので参加は無理と本当に二次会に出る気など全くなかった。

しかし会場に近づくうちに「今日は雪のため当日キャンセルの方もいるはず、私が参加した方が人数減の穴埋めが出来て却って好都合かも知れない」と勝手な思いをめぐらせ、幹事さんに一応「もう二次会の人数は確定していますよね?」と尋ねたところ、参加OKとのことだったので「参加します」と即答、
姉宅に帰り着くのは遅くなるが二次会に参加したとは言いにくいので「雪で電車が遅れた」と言えばいいやと・・・

しかし予想以上に電車は大幅に遅れ、深夜にやっと辿り着いた最寄り駅からも雪で何回も転び、雪で道がわからず姉宅を通り過ぎてしまい戻る間にも何度も転び、夜中の二時にやっと姉宅へ。

案の定玄関も施錠されており、インターホーンを鳴らして起こす超迷惑者。
姉と母は再入院以来、病院からの急な連絡に怯え夜中も満足に寝ていないというのに。

それでも姉と母はすぐに玄関に出向いてくれて「雪で本当に大変だったでしょ、よく帰って来られたね~」と温かいお茶を入れてくれた上にお風呂も沸かしてくれた。
私は「電車が止まっていたようなので、動き始めるまでと思って二次会にちょっと顔を出したら、余計運行状態が酷くなってしまった」としょうもない嘘をつきながら、人の迷惑顧みずゆっくりお風呂で温まり日本酒を飲み直し。

姉は「雪で大変だったから昼過ぎまでゆっくり寝てなさい」と言ってくれたものの、勿論そのときは早く起きて見舞いに行く気でいた。、

しかしこともあろうに姉が見舞いに行っている間、本当に寝過ごしてしまったのだ。

見舞いから帰ってきた姉は「意識が回復して会話が出来た」と喜んでいた。
意識が回復したのは再入院以来1週間振り。

そして夕方私が見舞いに行ったときには父は再び寝たままだったが、既に会話が出来るまで回復したことにほっとしながら家路に着いた。
でも、もしかしたら父と会話する機会は今日の昼が最後だったかも知れない

里帰り

飲み会開催の会話が耳に入り、興味津々場所を訊いても世界地図を指さしながら「この辺だよ」と答えるだけ。
確かに日本で飲むのは間違いないだろうけど知りたいのは店の場所なのに〜!
これは来て欲しくないって気付けってこと?
と今更ながら嫌われ者の自分に気付き傷心しているうち目が覚めた。

「飲んだくれている場合ではない」との神のお告げか?

と言うことで、療養中の父のお見舞いに週末のオフ会をキャンセルして今日会社から実家に直行いたします。

レッスンメモ

☆甘い想い出(10回目)
甘い思い出
 ・ゆったりと、遠くから聞こえるように
 ・技術的には問題ないので深く呼吸をして音楽的に歌いあげること

☆トロイメライ(7回目)
 ・音が浮かないようにもっと手首を下げることだけ注意して

☆銀河鉄道999(発表会 合奏演奏曲 シンバルパート)
  注文していたシンバルが教室に届き本物のシンバルにて先生のピアノに合わせて練習
  ピアノと同様、かすれず大き過ぎずに鳴らすのが難しい。


ところで昨日は会社帰りにピアノが弾ける珈琲ショップに立ち寄り、アンドレ・ギャニオンの潮騒とめぐり逢いの繊細な響きにうっとり。
ヒーリング系音楽は自ら弾いてイメージ通りに響かない苛立ちを感じるよりも人様の素敵な演奏で癒されるものだわ~

他にも発表会後にレッスン予定で読譜中のブラームス間奏曲118-2も聴けたり音大生奏でるショパンバラードに堪能したりとゆったり優雅な時の流れを満喫♪

そして自身の演奏は、お客様に楽しんでいただければなんて滅相もない考えは最初からないものの
甘い思い出は緊張で内声のリズムが崩れ、せめて周りに気色悪いストレスを与えないようリズムを崩さないことに神経を集中。
トロイメライは深く厚みのある音で強調したいところが弱々しくしか鳴らなかったりと課題が浮き彫りに。

ピアノコミュニティ関係の知人も数人来店し同じテーブルで食事と音楽を楽しんだのだが、
久しぶりに会った方が昨年コミュニティ発表会後の二次会にてすっかり出来上がった私との会話を詳細に覚えていて驚きと恐怖が。

本人が覚えていない話を後で他人に聞かされるほど恥ずかしくて恐ろしいことはない。
話を捏造されても反論できないのも辛いところ。

酔っ払っての発言は慎むべき、と後悔するたび思うだが、ただでさえ自制心に乏しい私が酔っ払って発言を慎むなんて土台無理。
後悔したくなければ酒をやめればいいだけのだが・・・それこそ絶対無理。


最後に「紳士淑女の会」事務局長補佐として第4回紳士淑女の会開催告知でございます♪
3月8日(土) 13:00~18:00 渋谷区内のスタジオで開催予定です。
ご興味のある方は紳士淑女の会会長LLganzoさまブログ記事紳士淑女の会より お知らせより参加ご表明下さいませ♪♪
プロフィール

へべれK

Author:へべれK
子供の時にちょっとだけピアノを習っていましたが終わった教材はバイエルだけ。
「お父さんのためのピアノ講座」(NHK教育テレビ)を見て触発され、この位なら自分にも弾けそうと思い30代半ばにして再開。
電子ピアノは娘が懸命にピアニカを演奏する姿にピアノがあったらさぞや喜ぶと思い購入済み。
ところがピアノはそんなに甘いものではなく、全く思うように指が動かない。
練習曲を買って半年間練習してみたけれども進め方がわからない。
これはレッスンに通うしかないとピアノ教室入会を決意。
(ピアノ教室のキャンペーン期間中で、入会者には焼肉レストラン招待券進呈が、決意を確固たるものに)

それ以来、下手の横好きでピアノを愛するへべれKです。

レッスン&オフ会記録
にほんブログ村
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ初心者へ にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ
キロック友の会
キロック友の会
イラスト けんば~んさん作
リンク
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
カレンダー
01 | 2014/02 | 03
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 -
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

brogram
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。