スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

レッスンメモ

☆コルトーのピアノメトード
 3オクターヴのスケールで各オクターヴごとに1音だけ打鍵
コルトーのピアノメトード
 ・打鍵しない音もきちんと鍵盤の上に指を乗せ移動、1音弾いたら脱力→完全に脱力が出来ていないと音が鳴る。

☆リスト・コンソレーション第3番 初回レッスン
 ・小さい音でもソプラノをもっと響かせて、ソプラノ歌手がホールに通る声で歌っている感じで
 ・16分音符→ゆったり
 ・バスからの移動を素早く、速く移動できなければ、そのテンポに合わせその後はゆったり
 ・肩の力を抜いて、指先だけで弾こうとせず腕全体の重みを鍵盤に乗せて
   右手オクターヴをしっかり鍵盤の上に乗せてタッチを意識して
 ・指の付け根で支える(ぐしゃっと凹まないように)
 ・バスを丁寧に→移動は素早く音は丁寧に
 ・左手も歌う

レッスン後はオフ会(発表会)に直行。
会場入口には
「1階小ホール 佐村河内作曲ピアノソナタ1番&2番 ピアノ ヨン・ソルム(中止)」
との案内版が。

オフ会本番では励ましや助言などで大変お世話になった方とも7年振り再会し滅茶苦茶緊張。
 
オフ会後は実家に直行し、父の遺影と遺骨に見守られ線香の香りに包まれながら父のベッドで独り熟睡。爽快な目覚め♪
 
スポンサーサイト

レッスンメモ

☆コルトーのピアノメトード
手首を小さく回して
・長い音符で脱力、次の音に備える

☆ブラームス・間奏曲(6回目)
 ・2音のフレーズ→左手も右手のように丁寧に
 ・右手のソプラノの旋律を意識して→右手ソプラノのみを弾く
 ・左手のテンポを一定に、拍を感じながら
 ・符点のリズムを正確に
等の指摘を受け、最後に仕上げで通して弾き「テンポが安定すると物語が感じられる」とのお言葉をいただきこの曲は今日でレッスン終了。

次回からはリスト・コンソレーション3番をレッスン予定。


明日は演奏会でレッスン終了したばかりのブラームス作曲・間奏曲とアンドレ・ギャニオン作曲・セピア色の写真を弾くのだが、今後も人前で弾く機会はいくらでもあるのだから、現時点の持てる力を出し切ろうと気張らずに、その場を楽しみたい。

今の気持ちとは矛盾するようだが発表会から駆けつけながらも、時すでに遅し永遠の眠りにつく父の姿を見て、
オフ会等で無事演奏できることの幸福を噛み締めながら、その瞬間を大切にしていきたいとも強く感じたものだった。

間奏曲レッスンメモ(実家にて)

法事で実家に直行するため略礼服持参でコピー譜にてレッスン。

☆コルトーのピアノメトード
手首を小さく回して
 ・手首を小さく回転させて

☆ブラームス・間奏曲(5回目)
 ・1拍目の入りが早くならないように、一拍目を大切に
 ・ストーリーを描いて盛り上げて

テンポを決めて
  ・入る前にテンポを決めて

雰囲気を変えて
  ・がらりと雰囲気を変えて、第2幕が開く感じで

等々の指摘を受けながら最後まで進んだところで、今日のレッスンのまとめの感じで最初から通して弾き更に気になる点の指摘
 ・符点音符が重くならないように、リズムを正確に→
  符点を軽く
  この箇所を右手のみで符点の練習→和音を弾いたらすぐに脱力、手首を上げて符点を軽く、そしてクレシェンド

曲の流れも音楽的にも良くなっているのでもう一回やり、次回で仕上げましょう。
とのことでレッスン終了。

先週の練習会で譜面を追えず(見失い)ミスタッチを繰り返した反省から
この一週間、暗譜を心掛けて練習したことが、出している音に集中できる結果に繋がったようだ。

レッスン後に直行した実家にて母親のパソコンで入力。

消費税増税がピアノ再開のきっかけ

思い起こせば消費税3%から5%への増税間近の1997年3月末、今では考えられないことだが家族4人でデパートに出かけ、ふと電子ピアノ売場に立ち寄ると「増税前の今がお得ですよ」との店員さんの掛け声が。
娘が下校中楽しそうにピアニカを吹いていて、電子ピアノがあればさぞ喜んで練習に励むだろうとの期待も込めて思い切って購入。

結局、その後すぐに開店した近所のディスカウント店の方が同機種を増税前よりもずっと安く売り出されていて金額的なメリットは何とも言えないが、
消費税増税が購入への十分な動機付けなった。

しかしながら電子ピアノ購入後、娘はピアノはおろかピアニカにさえ完全に興味を失ってしまったようだ。
電子ピアノを寝かして置くのは勿体ないので、私一人ピアノに向かう。
弾く曲はセーラームーン好きの娘のために購入した「ピアノでうたうアニメ大行進●バイエル程度●」から
でもセーラームーンは難しくて弾けないので、キャンディ・キャンディやひみつのアッコちゃんばかり。

その後2000年5月、モランボン系列のピアノ教室入会キャンペーンのちらしが目に入る。
30分の無料体験レッスンを受けると朝鮮料理モランボンお食事券3,000分進呈。
キャンペーン期間中に入会すると通常3,000円の入会金が無料の上、更にお食事券3,000円追加進呈とのこと。
計6,000円のお食事券に惹かれ、ピアノ練習に行き詰まっていたこともあり即入会を決意。
ちなみに無料体験レッスンで弾いた曲は、小学生の時1年程でピアノレッスンをやめて暫くピアノから遠ざかっていた高校生の時に突如譜読みを開始した悲愴2楽章でこの日がこの曲の初レッスンだった。

そしてお食事券を使って子供の運動会後に家族揃っての焼肉お疲れ様会。
結局、6,000円差し引いても1万円以上の出費で得したのか損したのかよくわからないが、一度も行ったことがなかった
モランボンで家族団らんのきっかけになったのだからよしとしよう。

そして先月のオフ会。
よく利用するお店が4月からの増税に備え1月から価格が税込から税抜きに変更とのなるとのweb情報を昨年みつけ、
お店に価格体系を問い合わせ、表示が税込から税抜に変更となるだけで価格体系は今まで通りとの返答に安心して
増税前の3月にオフ会を決行。

いざ精算の時に従前金額に消費税を上乗せ請求されびっくり。
私はてっきり支払総額そのままで価格表示を100/105の税抜表示に変更になるものと思い込み、年明後にwebで料金を確認することも怠っていた。

しかし交渉の結果、今回に限り従来通りの価格でOKとのこと。
料理も多めに提供下さったし、めでたしめでたし。

すっかり安心仕切って飲んだくれ、大将様の伴奏も出来ないほどへべれけ!

帰り道で道がわからなくなってタクシーに乗り込んだところまでは覚えているのだが、その後の記憶が全くなく気がつくとマッサージルームの中。

今まで「タクシーで帰ってもマッサージに泊まっても金額は変わらない。ゆっくりベッドに横になった上にマッサージの人的役務を受けられるのだから、マッサージの方が断然お得」と自分自身に言い訳しながら決意を固めていたのだが、無意識の内にマッサージの前でタクシーを降りるとは我ながら恐ろしい。

消費税分自腹を切ると覚悟を決めるか、皆に頭を下げ手間をかけても追加徴収するか、の二者選択から逃れられ、安心して飲んだくれた結果、結局3,600円おまけしてもらった消費税分3,600円の10倍以上出費してしまった。

こればっかりはマッサージに行けたからよしとは到底思えず暫く落ち込んでいた。

でもでもまたまた同じことを繰り返してしまうのは間違いない。


今日はピアノレッスン後、父の四十九日法要のため実家に直行。
父と酒を酌み交わしながらじっくり人生を見つめなそう
プロフィール

へべれK

Author:へべれK
子供の時にちょっとだけピアノを習っていましたが終わった教材はバイエルだけ。
「お父さんのためのピアノ講座」(NHK教育テレビ)を見て触発され、この位なら自分にも弾けそうと思い30代半ばにして再開。
電子ピアノは娘が懸命にピアニカを演奏する姿にピアノがあったらさぞや喜ぶと思い購入済み。
ところがピアノはそんなに甘いものではなく、全く思うように指が動かない。
練習曲を買って半年間練習してみたけれども進め方がわからない。
これはレッスンに通うしかないとピアノ教室入会を決意。
(ピアノ教室のキャンペーン期間中で、入会者には焼肉レストラン招待券進呈が、決意を確固たるものに)

それ以来、下手の横好きでピアノを愛するへべれKです。

レッスン&オフ会記録
にほんブログ村
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ初心者へ にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ
キロック友の会
キロック友の会
イラスト けんば~んさん作
リンク
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
カレンダー
03 | 2014/04 | 05
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

brogram
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。