スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

レッスンメモ(ラプソディ2番3回目)

☆コルトーのピアノメトード(左手)
コルトーのピアノメトード
弧を描くようにこの動きと
弧を描くように1
この動きで
弧を描くように2

☆ブラームス・ラプソディ2番(3回目)
 ・出だし→アウフタクトでも軽くなく最初の音からはっきり旋律を出して

 ・左手オクターブ
  →真っ直ぐ移動すると抵抗が大きくインテンポに間に合わず遅れてしまう。
     コルトーの練習曲の要領で弧を描くように移動する
     弧を描くように1
      音ははっきり、動きは柔らかく。

ラプソディ2番

ラプソディ2番
 →アーティキュレーションが出だしと異なる。細かく区切らずフレーズを大きく捉えて

ラプソディ2番
 →引き摺らずにがらりと変えて

 ・フレーズの変わり目
 →間をあけなくてもいいが、音を繋げず違いをはっきりと

レッスン後はオフ会、そして実家に直行。
姉宅のクリスマスパーティでは昨年クリスマスパーティで約束していたシューベルト・アヴェマリアの歌の伴奏の他に「星に願いを」の伴奏も決定♪
姉宅では黒鍵の暗譜演奏を試みるもあえなく撃沈
スポンサーサイト

ビール飲みたい。

今週木曜日、クリスマスパーティで一緒に演奏することになっているサックス愛好家の方から伴奏譜「ウィアー・オール・アローン」が郵送で届いた。
サックスの伴奏は初体験でワクワクする反面、クリスマスまでにちゃんと弾けるようになるのか、息の合った演奏が出来るか等不安も一杯。

今日は、今からラプソディ2番3回目のレッスンだが、レッスン後は昼食を摂る間もなくオフ会、実家へと直行し明日は義兄のお墓参り。
オフ会ではショパン・エチュード黒鍵とブラームス・ラプソディ2番をエントリーしてしまったが、
黒鍵はレッスンを終えたものの技術的に難し過ぎるし、ラプソディもまだまだ仕上げには程遠い。
弾くのが怖くてとっととオフ会が終わってほしい気分、そして早く実家に着いて落ち着いてビール飲みたい

レッスンメモ(ラプソディ2番2回目)

☆コルトーのピアノメトード(右手)
コルトーのピアノメトード
 ・手前に弧を描くよう移動、手首から円を描くように戻る自然な動きで

☆ラブソディ2番
 途中で何度も止められ、いろいろ指摘を受け、部分毎に右、左、両手合わせ等を繰り返しながらレッスンの終わりには最後までたどりついたのだが・・・
指摘をこの場で受け入れようと意識することだけで精一杯、せっかくの指摘を覚えていない。
だめだこりゃ、難しすぎる

そして一旦ブログ更新後一週間締めので一眠り、思い出したところだけ箇条書きで追記
・旋律をテヌートで強調できるテンポで
・重くならないよう和音を掴む(真ん中に休符がある右手3連符)
・レガートで歌う(espr.の箇所)
・ffでも内声は抑えて
・5よりも4が弾き易い(左手交差した直後の旋律)
・左手が大切(オクターブ)
・最初も強く
・フレーズ変わり、がらりと変えて
・ペダルを離す箇所
 

レッスンメモ(ラプソディ2番 初回)

☆コルトーのピアノメトード(左手)
コルトーのピアノメトード
 ・曲を壊さないよう滑らかに 弧を描くように手前に移動し手首から円を描くように戻る

☆ラプソデイ2番(初レッスン)
  まず通して弾き

ラプソディ2番
 ・左手跳躍→無駄な力を抜いて手首を柔軟に使い楽に移動
         音を鳴らしたら素早く移動
 ・左手交差時→フレーズ内では手首を上下させずに同じ音色で
           音が浮かないよう手首は下げ指の付け根で支えテヌートで
  
ラプソディ2番
 ・2音のフレーズでも後のスタカティシモが軽くならずに、どちらもフォルテではっきり出す

ラプソディ2番
 ・表情豊かに歌って

ラプソディ2番
 ・右手→トップを響かせ歌って(でも音は短く)
 ・左手→長い音符で手首を上げる

ラプソディ2番
 ・左手の旋律が大切、粘る感じで

フレンチオープン連覇を止めるのは

ジョコビッチ選手ではなく錦織選手かも?

クレーコートでナダル選手を圧倒したマドリード・マスターズ。
そしてナダル選手の宿敵ジョコビッチ選手に完勝した全米オープン準決勝を目の当たりにして、
本気でそう思えてきた。

本来、生涯グランドスラムの野望を3年連続ナダル選手に打ち砕かれているジョコビッチ選手の全仏打倒ナダルに賭ける意気込みが一番怖いところなのだろうが。

それにしても3年前の全米オープンテニスで絶望的なまでにナダル選手を打ちのめしたジョコビッチ選手相手に錦織選手が同じ舞台で圧倒する日がこようとは・・・実に感慨深い。

レッスンを終えたものの

日曜日は江の島ピアノオフ会。
開始2時間前に片瀬江の島駅についたので一時間半ほど江の島巡りの後に練習会会場へ。

クリスマス会へ向けいがちゃんと子守唄の合わせをしたあと、黒鍵のソロ演奏。
レッスンを終えたばかりだというのに、緊張で指が浮き指のコントロールが全く効かず、思うように鍵盤を押さえられない悲惨な悲惨な状況。
オフ会自体は生シラス定食と窓の眺望を堪能、帰りもロマンスカーでわいわいがやがや遠足気分で大満足。
江の島を心置きなく満喫できるよう今日も有給休暇を取っていたし♪

今日は一日のんびりピアノに向かい、ラプソティ2番と黒鍵に時間を割いた。
黒鍵は指が浮いた上に楽譜を追えなくなると更なるミスを生むとんでもない演奏になることを痛感し、まずは暗譜を試みる。
夕方には楽譜を閉じても何とか最後まで通して弾けることもあるようになったのだが、悲しいことに途中で止まると最初に戻らないと弾けない。
普段何も考えずにただ惰性で弾いているだけでアナリーゼも全く出来ていないことが浮き彫りに。

今月は2回オフ会を予定し、いずれも黒鍵演奏予定。
レッスンが終わっても暗譜と言う新たな目標に向け練習意欲を保てそう、少しでもましな演奏が出来るよう弾き込まなくては。
プロフィール

へべれK

Author:へべれK
子供の時にちょっとだけピアノを習っていましたが終わった教材はバイエルだけ。
「お父さんのためのピアノ講座」(NHK教育テレビ)を見て触発され、この位なら自分にも弾けそうと思い30代半ばにして再開。
電子ピアノは娘が懸命にピアニカを演奏する姿にピアノがあったらさぞや喜ぶと思い購入済み。
ところがピアノはそんなに甘いものではなく、全く思うように指が動かない。
練習曲を買って半年間練習してみたけれども進め方がわからない。
これはレッスンに通うしかないとピアノ教室入会を決意。
(ピアノ教室のキャンペーン期間中で、入会者には焼肉レストラン招待券進呈が、決意を確固たるものに)

それ以来、下手の横好きでピアノを愛するへべれKです。

レッスン&オフ会記録
にほんブログ村
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ初心者へ にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ
キロック友の会
キロック友の会
イラスト けんば~んさん作
リンク
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
カレンダー
08 | 2014/09 | 10
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

brogram
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。