スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

レッスンメモ(平均律1巻10番前奏曲2回目)

☆コルトーのピアノメトード
コルトーのピアノメトード
 ・ドアノブを回すように手首を回転させて
 ・肘は動かさず固定させて
 ・この動きをマスターすれば余分な力が抜けて(昨年レッスンを受けたショパン)黒鍵も楽に弾ける

☆バッハ・平均律クラヴィーア曲集第1巻10番前奏曲(2回目)
 まずは両手で通して弾いた後
 ・左手のみ
   ・5の指は手首を下げて深い音で
     ・鍵盤から指を離さず丁寧に
     ・でもアクセントは付かないように
     ・5の指を弾いた後は手首を上げずにレガートに
   ・どの音も浮くことがないように
 ・右手のみ
   ・全ての音が響き渡るように
   ・ハノンのようにならないよう手首を柔軟に歌って
 ・右手ソプラノと左手
   ・左手だけで弾いた時のようにどの音も浮くことがないよう注意して
 ・最後に再び両手合わせて
   ・拍とテンポは(前週より)よくなっているのであとはタッチ
     ・腕全体を使って深い音で、指先だけで弾かない
スポンサーサイト

レッスンメモ(平均律1巻10番前奏曲初回)

☆コルトーのピアノメトード(左)
コルトーのピアノメトード
 ・手首を柔軟に回転させながらレガートに
 ・指の付け根が凹まないようにして支える

☆バッハ・平均律クラヴィーア曲集第1巻10番前奏曲(初回)
 ・拍感を保ち全ての音を長さの粒を揃えること
 ・左1、2の指、右4、5の指の箇所で速くなる(拍感無く流れてしまう)
  →指先のコントロールが効かずに速くなってしまう箇所はむしろゆっくり弾いた方がいい
 ・このようなきっちりとした造りの曲は拍を正確に刻むことで耳に心地よく響き音楽が作りやすくなる
 ・ゆっくりメトロノームを用いて練習すること
 ・和音は構えてから弾くと綺麗に揃うので必ず構えてから丁寧に音を出す
  →和音の前の音を少し短めにして素早く移動し構えても拍からはみ出ないように
 ・左手5の指→手首を下げて深い音で

次のレッスン曲は

子犬のワルツレッスン中から8割以上練習時間を割いてきたバッハ平均律1巻10番に決めた。

10分の時間制限がある今月末オフ会演奏を目標に今朝時間を計ったら3分。
そしてもう1曲オフ会を目標に朝練を続けてきたJUJU「また明日」が5分。
予定通りの曲目を弾ける目処が立った♪

レッスンメモ(子犬のワルツ7回目)

☆コルトーのピアノメトード(右)
コルトーのピアノメトード
 ・打鍵時に手首を下げすぎず支えるように
   →指の付け根が凹まないようにすると上手く支えられる
 ・手首を柔軟に鍵盤の向こう側に向けるように上げながらレガートに

☆子犬のワルツ(7回目)
最初に通して弾いた後→左手だけゆっくり→右手だけゆっくり→両手合わせてゆっくり→両手合わせてインテンポ
 ・左手
  ・1拍目→指だけの弾くのではなく腕の重みを伝えて
       →指だけで弾くと速く弾いたときにかすれたり鳴らなかったりする
  ・速く弾いたときに1拍目が遅れ気味なので、3拍目を弾いたらすぐに移動
       →孤を描く動きは最小限に、見た目ではわからないぐらいに
 ・右手
  ・トリルなどは速く弾こうとせず、むしろ拍からはみでるような感覚でゆっくり弾くぐらいで丁度いい
  ・速く弾いてもゆっくり弾いたときと同じ音色が出せるよう力を抜いて
  ・速く弾くと遅くなる箇所や速くなる箇所がある→一定のテンポで弾けるように
    →特にコーダの手前が走り気味なので、速くなるよりはむしろ遅く弾いた方がいい
  ・2カッコ直後の中間部→棒読みにならぬよう長い音符を強調しながらクレシェンド
 
・2カッコの箇所とコーダの前→もっと呼吸して
・最後の和音を弾いた後→指を下に下ろすと地味な音になるので手首を鍵盤の向こうに向けながら腕を上に上げて引き終える

最後に通して弾きこの曲は今日でレッスン終了。

この曲の後にレッスン予定だったショパンワルツ9、10、16番のレッスンが終わる頃にはその次のレッスン予定曲バッハ平均律1巻10番の譜読みを終わらせることが出来るように、このところバッハばかり時間を割いていたが、この曲のレッスンが見込んでいた期間より長くかかりバッハの譜読みもほぼ完了。
次回は予定通りショパンワルツを持っていくか、思い切って平均律を前倒しで持っていくか迷うところ。

レッスンメモ(子犬のワルツ6回目)

☆子犬のワルツ(6回目)
 まず通して弾き「右はいいが左がだめ」とのことで
 左手のみ
  ・1泊目に肘を上げない(腕を沈める感じ)
  ・腕が固まって動きが止まり3拍目の向きのまま力が入って1泊目を弾いている(肘が動いていないのかな?)
   →自然な動きで真っ直ぐな手の向きで
   →その動きが出来るよう2拍目で脱力し手首から上げ向きを戻す
   →肩、肘、手、一体となった動きで
  ・2、3拍目は本来軽い音だが掠れないよう敢えて全ての音をマルカートに
 そして右手も合わせ
  ・左手の練習と思って左手の動きを意識して3拍とも丁寧に音出す
  ・同じ動きをキープできるように
しかし右手が入ると動きがキープできない
「ゆっくり練習して両手で弾いても同じ動きが出来るよう動きを覚え込ませれば速く弾いても左手の動きがを保てるようになる」とのこと

3週間振りのレッスンだが、その間も平均律1巻10番(前奏曲、フーガ共)の練習ばかりで子犬のワルツは左手の動きを確認する練習はしたものの感触が掴めなかった。
ちゃんと感触が掴めるよう今後はもっともっと左手の動きに意識を集中させなければ。

家で復習してみて、3→1拍目の移動は腕全体を使い鍵盤の位置まで肘からの平行移動でもっていくような感じでよい気がした。

プロフィール

へべれK

Author:へべれK
子供の時にちょっとだけピアノを習っていましたが終わった教材はバイエルだけ。
「お父さんのためのピアノ講座」(NHK教育テレビ)を見て触発され、この位なら自分にも弾けそうと思い30代半ばにして再開。
電子ピアノは娘が懸命にピアニカを演奏する姿にピアノがあったらさぞや喜ぶと思い購入済み。
ところがピアノはそんなに甘いものではなく、全く思うように指が動かない。
練習曲を買って半年間練習してみたけれども進め方がわからない。
これはレッスンに通うしかないとピアノ教室入会を決意。
(ピアノ教室のキャンペーン期間中で、入会者には焼肉レストラン招待券進呈が、決意を確固たるものに)

それ以来、下手の横好きでピアノを愛するへべれKです。

レッスン&オフ会記録
にほんブログ村
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ初心者へ にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ
キロック友の会
キロック友の会
イラスト けんば~んさん作
リンク
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
カレンダー
03 | 2015/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

brogram
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。