スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

レッスンメモ(ショパン・ワルツ10番&結婚行進曲4回目)

☆ショパン・ワルツ10番
 ・左手→3拍目は2拍目よりも軽く、弾いたらすぐに円を描くようにバスに移動
      1拍目はかすれないよう深く置く
 ・右手は左手に釣られずにフレーズを歌う
 ・細かいアーティクレーションを活かし
 ・アクセント(3拍目)

☆メンデルスゾーン・結婚行進曲
結婚行進曲
 ・①トップを響きせて
 ・②閉じて(大きくならない)
 ・③符点が短くなりがち(つんのめりがち)、落ち着いてゆったり堂々と

結婚行進曲
 ・次のことに気を取られて雑にならないように、丁寧に弾いてから次に進む
   特に2番目の〇は次の3連符とつながらないようにひと呼吸してから
 ・軽い音で弾けるようになってきている

結婚行進曲
 ・堂々とテヌート気味に

結婚行進曲
 ・左手は柔らかくなってきているので、右手はのびのびと歌う

結婚行進曲
 ・左手の5の指が浮くとその後滑ってしまう
   ・一瞬離して深く弾くテクニックを使う
    →明日までに習得が難しければアクセントを付けるように意識すればうまく繋がる
ここの箇所のみリズム変奏による左手部分練習に取り組んできたが、本番の緊張で確実に転びそう

・最後→指はペダルを離すのと同時にゆっくり上げる
・力を抜いて


明日の結婚披露パーティ本番に向けて左手難所(5の指を一瞬離して弾くところ)の部分練習をちょっとだけやり、
練習を終えた後、AVサラウンドに浸りながらの飲み放題予行演習が楽しみ楽しみ
スポンサーサイト

レッスンメモ(ショパン・ワルツ10番&結婚行進曲3回目)

☆ショパン・ワルツ10番
ワルツ10番
 ・出だし→アクセントがついているがアウフタクトなのでベターっとした音ではなく動きを持って
  手首は下ろさず、指を置いて音を出したら上に持ち上げるように弾くと音が変わる
 ・⇒右手の移動→手首で持っていく

・左手→2、3拍目を軽く、特に3拍目は弾いたらすぐに円を描くようにバスに移動し軽く短く
 (左手の意識(バスを置くことと弧の動き)を重点課題に取り組んでいるのだが、なかなか改善しない)
・細かいアーティレーション→淡々とインテンポで弾くのではなく語りかけるように
・長いフレーズは一息で

☆メンデルスゾーン・結婚行進曲
結婚行進曲
 ①動きを小さく
 ②同じ音の大きさではなく、2番目の音(3拍目)は弱めに(自分では軽めに弾くよう心掛けてきたつもりだったが)
  但し強弱の差をつけすぎるとダイナミックさがなくなる。
 ③手首を使わず軽く弾くと次の音に移りやすい
 ④フレーズの終わりの音は抑えて

結婚行進曲
 ・内声を抑えて
 ・V ここで呼吸
  (内声を脱力して軽快に鳴らすことと一息ついて落ち着くことを意識して練習してきたのだが その通りの指摘)

結婚行進曲
 ・旋律を優雅に美しく歌い上げて
 ・V ここで呼吸 
 ・1小節でpからfへ
 ・伴奏は優しく

結婚行進曲
 ・molto cresc.でもあくまで伴奏は優しく

結婚行進曲
 ・無理に繋がず一旦離した方がレガート気味に聴こえる
  但し音が途切れないよう、指を手前に引くことにより鍵盤との接地時間を長くする

結婚行進曲
 ・○→rit気味にした方がコーダへの繋がりがよくなる
 ・トレモロ→バスで終えて決めるのもあり

 ・本番では力が抜けて弾けるとよい

レッスンメモ(ショパン・ワルツ10番&結婚行進曲2回目)

☆ショパン・ワルツ10番
 ・左手の3拍目が長いとワルツのリズムが重くなる
  →3拍目から1拍目への移動は平行ではなく半円を描くようにして3拍目を弾いたらすぐに移動(することにより軽く短く)
  ・1拍目は置くように(指さきだけで弾くと表面的な音しか出ない)
  ・左手の1拍目がきちんと乗っかり軽快なワルツのリズムで弾けると右手の旋律が活きてくる
 ・右手は1音1音ではなくワンフレーズを滑らかに
ワルツ10番
 ・3拍目は落ち着いて、かつアクセント

 1拍目を外さずにしっかり置くこと、3拍目を弾いたらすぐに手首から移動すること、符点の長さを正確に弾き3拍目を急がないこと
 このことばかりを意識してこの一週間取り組んだのだが、全く同じ指摘を受けてしまった。
 子犬のワルツでも左手の動きの指導に終始したのだが、自分のものに出来ていなかったことがこの曲で明白に。
 今後は左手のみの練習を取り入れて意識を集中させていこう。
 
☆メンデルスゾーン・結婚行進曲
結婚行進曲
 ・単音連打→指を手前に引く動きはいいのだが、もっと動きを小さくした方が均一の音が出る

結婚行進曲
 ・○→どっしりと
 ・右手 長い音(符点音符)にアクセントをつけると力を抜きやすい

結婚行進曲
 ・○→ゆったり呼吸して(突っ走らないように)

結婚行進曲
 ・短い音を軽く弾いた方が次に繋げやすい

結婚行進曲
 ・左手→手首を使って
   ・左手の力が抜けると右手が歌いやすい

結婚行進曲
 ・左手バスからの移動は手首を内側に向けた向きのまま引っ張る
 ・同音連打は手首を使って柔らかい音で

結婚行進曲

 ・左手 リズム練習すること

結婚行進曲
 ・左手 旋律(トップ)をレガートに歌って
 ・右手 トップを歌って→手首を下げ過ぎると5の指が鳴らないので手首を上げながらトップを強調

 この一週間、和音が重くならないよう手首の動きをもって弾くことを意識して取り組んだが、その成果はあったようだ。

レッスンメモ(ショパン・ワルツ10番&メンデルスゾーン・結婚行進曲初回)

今朝、今月末結婚パーティで演奏予定のメンデルスゾーン・結婚行進曲練習中に、
今月はコルトーのピアノメトードをお休みして、当初からレッスン予定だったショパン・ワルツ10番と並行して
結婚行進曲も見ていただくことを思い立ち急遽実行。

☆ショパン・ワルツ10番
 ・アウフタクトの出だしは本来弱く弾くのだが、アクセントが付いているので気持ちを込めて
 ・左手の2、3拍目(特に3拍目)を軽く
   ・3拍目からバスへの移動を手首を使って素早く行うと、軽く短い音になる
   ・左手で軽快なワルツのリズムを刻むと右手に流れが出る
 ・右手のアクセントに釣られずにあくまでも左手の2、3拍目は軽く
 ・右手は一音一音意識するのではなく、フレーズをひとかたまりで

ワルツ10番
 ・ここで閉じて、ここから明るく歌う

ワルツ10番
 ・符点の長さを正確に
   ・3拍目でつんのめらないよう3拍目を落ち着いたテンポで
    (符点がついつい3連符のように甘くなってしまうので、3:1を意識すると3拍目が短くなってしまったことに対して)

☆メンデルスゾーン・結婚行進曲
 ・3連符はすべらず確実に打鍵
  →指を手前に引くのだが、上辺をこするだけでは音がかすれるので、きちんと打鍵した上で手前に引く
 ・和音を弾くときに力を入れない(最初の和音を弾いたら完全に脱力して軽快に繋げる)
 ・和音は長い音符(符点音符)で手首を上げて、次の短い音符もひとかたまりで弾くと綺麗に繋がる
  (手首の平行移動だけでは弾き難い) 
  →長い音符で手首を下げすぎない(移動距離が長くなり遅れてしまうため)

結婚行進曲
 ・この音が大きいとぶつかった感じになるので、構えてから丁寧に軽く
   →力を抜いて次の1拍目に綺麗に繋げる
 ・譜読みは出来ているのであとは脱力が出来れば大丈夫(本番までに間に合う)  
プロフィール

へべれK

Author:へべれK
子供の時にちょっとだけピアノを習っていましたが終わった教材はバイエルだけ。
「お父さんのためのピアノ講座」(NHK教育テレビ)を見て触発され、この位なら自分にも弾けそうと思い30代半ばにして再開。
電子ピアノは娘が懸命にピアニカを演奏する姿にピアノがあったらさぞや喜ぶと思い購入済み。
ところがピアノはそんなに甘いものではなく、全く思うように指が動かない。
練習曲を買って半年間練習してみたけれども進め方がわからない。
これはレッスンに通うしかないとピアノ教室入会を決意。
(ピアノ教室のキャンペーン期間中で、入会者には焼肉レストラン招待券進呈が、決意を確固たるものに)

それ以来、下手の横好きでピアノを愛するへべれKです。

レッスン&オフ会記録
にほんブログ村
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ初心者へ にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ
キロック友の会
キロック友の会
イラスト けんば~んさん作
リンク
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
カレンダー
07 | 2015/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

brogram
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。