スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

教室の生徒さんの演奏を聴きに♪

今日は【全日本ジュニアクラシック音楽コンクール入賞者披露演奏会】を聴きに出かけました。

最初に弾いた3人はいずれも小学校低学年でペダルに足が届かないため、踏み台を使っての演奏。

私の教室の生徒さんは2番目に演奏。
無邪気な笑顔でお辞儀をした後、全く臆することなくのびのびと子供らしい演奏。
それでいて技術も表現力もしっかりしており、すんなり曲に引き込まれていく。
演奏終了後も満面の笑みでお辞儀。

技術的なことも羨ましかったが何と言っても絶対真似出来ないのは全く緊張が感じられなかったこと(本人は緊張しているのかも知れないが全くそれを感じさせない満面の笑み)

この生徒さんの演奏を初めて聴いたのは2004年12月の教室発表会。
私の演奏曲は「別れの曲」、当時幼稚園年長組の彼女の演奏曲は「お人形の夢と目覚め」だったが技術的にも曲の完成度も彼女の方が遥かに上だった。
唯一私が有利なところは手の大きさの違いにより弾く曲が限定されないことくらいか?

この生徒さんは練習の要領がよく呑み込みが早いので、先生の方からコンクール参加を勧めたそうだ。

他の演奏者の完成度もとても高く、モーツァルトソナタ演奏時にはあまりに気持ちよくてうとうと眠ってしまった。

私は先生の横に座って聴いており先生にバレていないことを祈るのみ^^;
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

へべれK

Author:へべれK
子供の時にちょっとだけピアノを習っていましたが終わった教材はバイエルだけ。
「お父さんのためのピアノ講座」(NHK教育テレビ)を見て触発され、この位なら自分にも弾けそうと思い30代半ばにして再開。
電子ピアノは娘が懸命にピアニカを演奏する姿にピアノがあったらさぞや喜ぶと思い購入済み。
ところがピアノはそんなに甘いものではなく、全く思うように指が動かない。
練習曲を買って半年間練習してみたけれども進め方がわからない。
これはレッスンに通うしかないとピアノ教室入会を決意。
(ピアノ教室のキャンペーン期間中で、入会者には焼肉レストラン招待券進呈が、決意を確固たるものに)

それ以来、下手の横好きでピアノを愛するへべれKです。

レッスン&オフ会記録
にほんブログ村
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ初心者へ にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ
キロック友の会
キロック友の会
イラスト けんば~んさん作
リンク
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

brogram
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。