スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

1楽章の意外な終わり方

モーツァルト・ソナタアルバム1


今日のピアノレッスン♪

まずツェルニー8小節の練習曲2番
この曲は左手音階の練習曲だが右手和音の脱力、スタカートの掴み方についても指摘を受け木目細かい指導を受けられることも短い練習曲のメリットと感じた。

そして曲に入るときに「今日はモーツァルト、2楽章もみてみますか?」と聞かれ
「今週練習不足で1楽章は全然進歩が無いので2楽章だけでいいです」と即答。
そして「この季節は断りきれない飲み会が・・・[:あせあせ:]」と言い訳もそえて!

先週の指摘内容が改善されぬまま1楽章のレッスンを受けるより新規に2楽章のレッスンを受けた方が貴重なレッスン時間を無駄にしないですむ。

でもよくよく考えると1楽章は練習しても進歩が無い。
これを機に永遠に1楽章のレッスンを受けることは無いような[:!?:]

2楽章は1度通して弾いた後
・右のうたい方
・左手は右手の旋律を邪魔しないよう弱めにでも決して浮かぬようそしてバスが繋がって聴こえるように
等の指摘を受けレッスン終了。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

へべれK

Author:へべれK
子供の時にちょっとだけピアノを習っていましたが終わった教材はバイエルだけ。
「お父さんのためのピアノ講座」(NHK教育テレビ)を見て触発され、この位なら自分にも弾けそうと思い30代半ばにして再開。
電子ピアノは娘が懸命にピアニカを演奏する姿にピアノがあったらさぞや喜ぶと思い購入済み。
ところがピアノはそんなに甘いものではなく、全く思うように指が動かない。
練習曲を買って半年間練習してみたけれども進め方がわからない。
これはレッスンに通うしかないとピアノ教室入会を決意。
(ピアノ教室のキャンペーン期間中で、入会者には焼肉レストラン招待券進呈が、決意を確固たるものに)

それ以来、下手の横好きでピアノを愛するへべれKです。

レッスン&オフ会記録
にほんブログ村
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ初心者へ にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ
キロック友の会
キロック友の会
イラスト けんば~んさん作
リンク
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

brogram
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。