スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

宝の持ち腐れにならないよう!

モーツァルト・ソナタ集2 ソナタアルバムⅡ

モーツァルトKV311の次にレッスン予定のKV333譜読み開始。

使用楽譜は今月購入したヘンレ版。
第1楽章62小節目の転回ターン(ターン記号の真中に縦棒)の奏法を確認するため全音版ソナタ・アルバムⅡに目を通すと欄外に通常ターンと同じ奏法の注釈楽譜が。

全音版とヘンレ版を比較すると装飾音の他、フレーズ、強弱記号等結構違いがある。

ヘンレ版の楽譜を基本に判断に迷うところは誤った癖がつかぬようレッスン前に先生に相談しよう。

フレーズ等の他、頁数もKV311第1楽章の比較ではヘンレ版8頁に対し全音版は5頁。
譜めくりが面倒な私は頁数が少ない方が嬉しいですが[:ショック:]

そして一番の違いは値段。

昨年10月に購入したヘンレ版モーツァルト/ピアノ・ソナタ集1巻3,465円に対し今月購入した2巻は4,410円
輸入楽譜の価格高騰は凄まじい。

昨年1巻購入時でさえ
「全音版なら1,680円、でもレッスン時先生に助言を求め薦められたヘンレ版。
自ら助言を求めながら無視するのは無礼千万」
と諦めてヘンレ版を購入するも先生に相談したことへの後悔が頭をよぎったほどなのに。

まあ楽譜購入は自分に対する投資。

信頼性が高いと定評のある楽譜購入資金捻出のため飲む回数が減りその分ピアノ練習に回せれば、健康と上達を両方手に出来一石二鳥・・・って、書くことはいつも変わらず。

問題は実践するための自制心・・・それが私に一番欠けているもの[:悲しい:]
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

へべれK

Author:へべれK
子供の時にちょっとだけピアノを習っていましたが終わった教材はバイエルだけ。
「お父さんのためのピアノ講座」(NHK教育テレビ)を見て触発され、この位なら自分にも弾けそうと思い30代半ばにして再開。
電子ピアノは娘が懸命にピアニカを演奏する姿にピアノがあったらさぞや喜ぶと思い購入済み。
ところがピアノはそんなに甘いものではなく、全く思うように指が動かない。
練習曲を買って半年間練習してみたけれども進め方がわからない。
これはレッスンに通うしかないとピアノ教室入会を決意。
(ピアノ教室のキャンペーン期間中で、入会者には焼肉レストラン招待券進呈が、決意を確固たるものに)

それ以来、下手の横好きでピアノを愛するへべれKです。

レッスン&オフ会記録
にほんブログ村
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ初心者へ にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ
キロック友の会
キロック友の会
イラスト けんば~んさん作
リンク
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

brogram
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。