スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

連日のレッスン

普段は毎週土曜日のレッスンですが今日は発表会に向け先生のご好意により特別レッスン。
レッスンは昨日今日と連日。

発表会演奏曲レッスンは一度にたくさんの指摘をしてもこなせないことが先生はよくわかっているようでこのところハイドンソナタと並行レッスンで指摘箇所を絞ったワンポイントレッスンの趣が。

発表会演奏曲グリーグ・ノクターンOp.54-4に絞ってレッスン内容をまとめると

昨日のレッスンでは今までのレッスンで指摘を受けてきた
・旋律が急に大きくなったり小さくなったり音量がでこぼこして歌えていない。録音して自分の出している音と向き合うこと。
・旋律の薬指が浮かないようその箇所の前に意識すること。
・内声が走るところがありテンポが一定しない。内声のテンポを正確にとること。
を意識し取り掛かる。

そして指摘は
・左手はいつも力が入っているが今日は特に固まっていて音楽が流れていない。
・リタルダンドからアテンポに戻ってもルバート気味に弾いている。
・ところどころ溜めは必要だがテンポを緩めるとテンポ感が無い聴き苦しい演奏になるので一定のテンポで弾く様に

今日のレッスンでは昨日の指摘を意識して取り組んだ結果
・2声を片手で弾き分けること。両手で2声を弾いたときと同じように聞こえるように・・・とのことで左手と右手のパートを各々両手で弾く。
・旋律が内声、伴奏に埋もれてしまう。
・左手のバランスがよくバスが繋がることもたまにあるがその後の右手の音量のバランスが悪くて音楽が繋がらない。右手旋律の出だしの音が浮かないように。
との指摘が。

今まで何度も指摘されながらもこなせないことばかり。
新たな指摘を受けられるよう進歩を見せたいものだが。

まあ指摘を自分なり克服出来たところで本番では頭が真っ白になってしまうけど冷や汗
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

へべれK

Author:へべれK
子供の時にちょっとだけピアノを習っていましたが終わった教材はバイエルだけ。
「お父さんのためのピアノ講座」(NHK教育テレビ)を見て触発され、この位なら自分にも弾けそうと思い30代半ばにして再開。
電子ピアノは娘が懸命にピアニカを演奏する姿にピアノがあったらさぞや喜ぶと思い購入済み。
ところがピアノはそんなに甘いものではなく、全く思うように指が動かない。
練習曲を買って半年間練習してみたけれども進め方がわからない。
これはレッスンに通うしかないとピアノ教室入会を決意。
(ピアノ教室のキャンペーン期間中で、入会者には焼肉レストラン招待券進呈が、決意を確固たるものに)

それ以来、下手の横好きでピアノを愛するへべれKです。

レッスン&オフ会記録
にほんブログ村
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ初心者へ にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ
キロック友の会
キロック友の会
イラスト けんば~んさん作
リンク
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

brogram
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。