スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

子守唄初レッスン

何とか昨日のレッスンまでに譜読みが間に合いグリーグ・抒情小曲集子守唄Op.38-1初レッスン。

まず一度通して弾いた後に「右手ソプラノだけ弾く、右手全体を弾く、両手を合わせる」を繰り返す。
右手全体で弾くと内声が出過ぎて旋律が浮かび上がらない、そして両手を合わせるとリズムが崩れてしまう。

この曲はリズムを取るのが難しく正確なリズムを身に付けるため片手ずつの指導が中心と予想していたが実際にレッスンを受けリズム以上に難しいと感じたのが片手で多声を弾き分けること。
旋律を際立たせ滑らかに繋げて歌いたい想い虚しく内声の1の指が出過ぎてしまう。

丁度「コルトーのピアノメソード」課題曲がポリフォニーの技法 片手で二声を弾き分け「この練習曲は片手ずつ弾く。上声部をレガートに、下声部をスタッカートで弾いたり、それを逆にして勉強する。そしてレガートは常にピアノに、スタッカートはフォルテで弾く」と記された曲なので、レッスン曲の曲作りを意識して具体的イメージを膨らませながら練習課題に取り組めそう。

練習曲を取り組むことによりどんな成果が表れるか具体的にイメージ出来ないと単調な練習が苦痛な割りに時間対効果が薄い気がする。
やはり課題を明確に意識し気持ちの集中が大切と実感。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

へべれK

Author:へべれK
子供の時にちょっとだけピアノを習っていましたが終わった教材はバイエルだけ。
「お父さんのためのピアノ講座」(NHK教育テレビ)を見て触発され、この位なら自分にも弾けそうと思い30代半ばにして再開。
電子ピアノは娘が懸命にピアニカを演奏する姿にピアノがあったらさぞや喜ぶと思い購入済み。
ところがピアノはそんなに甘いものではなく、全く思うように指が動かない。
練習曲を買って半年間練習してみたけれども進め方がわからない。
これはレッスンに通うしかないとピアノ教室入会を決意。
(ピアノ教室のキャンペーン期間中で、入会者には焼肉レストラン招待券進呈が、決意を確固たるものに)

それ以来、下手の横好きでピアノを愛するへべれKです。

レッスン&オフ会記録
にほんブログ村
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ初心者へ にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ
キロック友の会
キロック友の会
イラスト けんば~んさん作
リンク
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

brogram
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。