スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今週のレッスンに向けて

グリーグ・子守唄は前回のレッスンにてリズムと拍感の改善がみられ、
今後は表現重視の練習に新鮮な気持ちで取り組めると期待したものの
せっかく合いかけてきたリズムが再び崩れてしまうが怖くてメトロノームに合わせた練習の繰り返し。

この曲は次回レッスンで終了の予定だが、
過去、指摘事項をなかなか改善出来ずにレッスン回数を積み重ね「この曲は終わりにしますか?もう一週レッスンしますか?」と問われ「もう一週みていただきたいです」と即答した曲につき、「もう一週レッスンを受けると申し出た手前、次回レッスンにて改善されなければ合わせる顔が無い」との思いから、指摘事項を重点に部分練習を繰り返した結果「よくなってきているのでもう一週やりましょう」との言葉をいただき更にレッスン期間が延びた経験が。
このときにだらだら時間をかけて弾くよりも的を絞り意識を集中させた練習が効果的と痛感。

そしてまた過去、その時分の技量で出来る範囲の指摘を一通り受け「この曲のレッスンは終わりにして、あとは自宅練習をすればいいでしょう」(技術的問題で弾けない箇所の克服は相当時間を要するため短期レッスンでは無理との判断)とレッスン終了した曲のその後は自宅練習で仕上がりを増すどころか全く弾かずに後退の一途。
普段自宅でピアノと接する時間はレッスン中の曲と次の曲の譜読みばかりに費やしてしまうのだ。

レッスン終了後は後退の一途になることは経験上明らかなので子守唄はもう少し納得いく仕上がりまでレッスンを受けたい思いも。
次回レッスンまでに更にレッスンを重ねればもっとよくなると先生に思っていただけるような進歩が見られ、もう一週レッスンが延びれば嬉しい誤算。

次にレッスン予定のグリーグ・想い出はまだまだレッスンを受けるのが楽しみな段階まで仕上がっていない。
レッスン開始が延びれば、その分曲が仕上がり少しは自信を持ってレッスンに臨めそう。

でもコミュ・発表会演奏予定曲なので少しでも早くレッスンを受けたいと逸る気持ちも隠せない。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

へべれK

Author:へべれK
子供の時にちょっとだけピアノを習っていましたが終わった教材はバイエルだけ。
「お父さんのためのピアノ講座」(NHK教育テレビ)を見て触発され、この位なら自分にも弾けそうと思い30代半ばにして再開。
電子ピアノは娘が懸命にピアニカを演奏する姿にピアノがあったらさぞや喜ぶと思い購入済み。
ところがピアノはそんなに甘いものではなく、全く思うように指が動かない。
練習曲を買って半年間練習してみたけれども進め方がわからない。
これはレッスンに通うしかないとピアノ教室入会を決意。
(ピアノ教室のキャンペーン期間中で、入会者には焼肉レストラン招待券進呈が、決意を確固たるものに)

それ以来、下手の横好きでピアノを愛するへべれKです。

レッスン&オフ会記録
にほんブログ村
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ初心者へ にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ
キロック友の会
キロック友の会
イラスト けんば~んさん作
リンク
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

brogram
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。