スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

子守唄レッスン4回目(レッスン終了)

まず通して弾いた後に
・多声を弾き分けること、ソプラノを強調して
との指摘を受け右手だけで弾く。
・ソプラノを際立たせ旋律を繋げて
・フレーズを意識して、アーティキュレーションを正確に
と更に指摘を受ける都度、途中で止まり同じ箇所を繰り返しながら曲の最後まで弾く。

そして再び両手に戻り
・2拍目の入りが速い
と指摘を受け拍を正確に弾くことを意識すると今度は
・ソプラノを出して
と最初と同じ指摘をまた受けソプラノの旋律を強調することを意識すると
・2拍目の入りがまた早くなっている。2拍目がつんのめった感じの入りになるとそのまま全体がつんのめって正しいテンポが保てない。
・一つのことを意識すると他のことが疎かになる、全部同時に意識するように
との指摘で今度は今日指摘されたこと全に全神経を集中させて(させたつもりで)弾く

最後にレッスンの仕上げとして通して弾きこの曲は今日で終了。
僅か30分のレッスンなのに終了後にはどっと疲れが。

次回からはグリーグ・想い出Op.71-7のレッスン。

せっかくレッスンを受けたのだから子守唄をレパートリーに仕上げたいと思いつつ、今後想い出ばかり弾くことは過去の経験上明らか。

ドリー組曲のセコンドも今月中に何とか形にしたい。

今週の自宅練習も先週のレッスンでリズムが改善されたことに安心してレッスン中の子守唄よりもドリー組曲の練習に身が入っていたし。

レッスン終了した曲を更に磨きをかける地道な取り組みよりも、今後のレッスン、オフ会で弾く曲に対する目に見える進歩、身近な目標についつい時間を割いてしまう目先のことしか実践できない忍耐力の乏しいへべれK。

レッスンをより価値あるものにするためには終了した曲をレパートリーとして保ち続けることが大切、その後に受けた違う曲のレッスン成果も反映できればより効果的と感じながらも。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

へべれK

Author:へべれK
子供の時にちょっとだけピアノを習っていましたが終わった教材はバイエルだけ。
「お父さんのためのピアノ講座」(NHK教育テレビ)を見て触発され、この位なら自分にも弾けそうと思い30代半ばにして再開。
電子ピアノは娘が懸命にピアニカを演奏する姿にピアノがあったらさぞや喜ぶと思い購入済み。
ところがピアノはそんなに甘いものではなく、全く思うように指が動かない。
練習曲を買って半年間練習してみたけれども進め方がわからない。
これはレッスンに通うしかないとピアノ教室入会を決意。
(ピアノ教室のキャンペーン期間中で、入会者には焼肉レストラン招待券進呈が、決意を確固たるものに)

それ以来、下手の横好きでピアノを愛するへべれKです。

レッスン&オフ会記録
にほんブログ村
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ初心者へ にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ
キロック友の会
キロック友の会
イラスト けんば~んさん作
リンク
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

brogram
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。