スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

想い出初レッスン

グリーグ・抒情小曲集想い出Op.71-7初レッスン。

まず通して弾き
・最初の音(弱起のフェルマータ)を脱力してもっと響かせること、そして響きをよく聴き呼吸をしてから次の拍に入ること
・3拍目の入りが早い
・右手の旋律につられ左手のリズムが流さないように、左手で正確なワルツのリズムを刻みその上に右の旋律をのせること
と指摘を受け
「それでは2声を弾き分けることを意識して右手だけで弾きましょう」
との指示で右手だけで弾き始めるとすぐに止められ、
「右手ソプラノだけを歌うように弾いてみましょう」と改めて指示を受け今度は右手ソプラノだけを弾く。
そして
・実際に声に出して歌うように弾くこと
・ちゃんと呼吸をして
との指摘、歌うこともブレスも何度も言われていることだが私には全く歌心が備わっていないのか?

次に右手ソプラノと左手を合わせる練習
・同じ音形が続くと腕が固定され指だけで弾いているので、手を腕全体を使って弾くこと
・1フレーズを一呼吸で歌い切るように、フレーズ内ででこぼこさせない
・ソプラノをもっと歌って
との指摘。

そして最後に右手だけで2声を弾き分ける練習。
・いまやっているコルトー・メトードの課題のように旋律と内声の強弱を弾き分けること
・ソプラノをもっと強調して旋律を繋げて歌うように

そして今後の練習の注意点として
・リズムを正確に
・1フレーズを一息で弾き切ること
・2声を弾き分ける技術を身に付けること
の締めの言葉をいただき本日のレッスン終了。

最近、グリーグ想い出を弾くよりも平均律の譜読みの方が進歩が実感でき楽しく時間を割いていたが、来週のレッスンまでに今日の指摘が少しでも改善されるよう課題を意識して練習に取り組まなければ。
あまり、いや全然気が進まないがメトロノームを使った練習も復活させなければ

今レッスンで取り組んでいる片手で二声をスタカートとレガート、フォルテとピアノにそれぞれ弾き分けるコルトーのピアノメソード「ポリフォニーの技法」
の課題もスタカートとレガートに弾き分けることで手一杯、強弱の弾き分けが全然出来ないし
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

へべれK

Author:へべれK
子供の時にちょっとだけピアノを習っていましたが終わった教材はバイエルだけ。
「お父さんのためのピアノ講座」(NHK教育テレビ)を見て触発され、この位なら自分にも弾けそうと思い30代半ばにして再開。
電子ピアノは娘が懸命にピアニカを演奏する姿にピアノがあったらさぞや喜ぶと思い購入済み。
ところがピアノはそんなに甘いものではなく、全く思うように指が動かない。
練習曲を買って半年間練習してみたけれども進め方がわからない。
これはレッスンに通うしかないとピアノ教室入会を決意。
(ピアノ教室のキャンペーン期間中で、入会者には焼肉レストラン招待券進呈が、決意を確固たるものに)

それ以来、下手の横好きでピアノを愛するへべれKです。

レッスン&オフ会記録
にほんブログ村
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ初心者へ にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ
キロック友の会
キロック友の会
イラスト けんば~んさん作
リンク
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

brogram
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。