スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

レッスンメモ(別れのワルツ3回目)

☆コルトーのピアノメトード
コルトーのピアノメトード
手首を使って

☆ショパン・ワルツ9番(別れのワルツ)
前回の指摘
・右手の旋律が左手に埋もれないよう強調する
・左手の2、3拍目が浮かないよう深い打鍵
を意識しながら先ずは通して弾き
ワルツ9番
 ・最後の音は大切 丁寧に
 ・主題が変わるところで深く呼吸して
   →頁をめくる前に話しはじめている感じに聴こえる 絵本の頁をめくって絵を見せてから話しかけるように
 ・ここまでは優雅なワルツ ここからは田舎風のメヌエットのようにがらりと世界を変えて
 ・左のアクセントに釣られず、右はアクセントを付けずに滑らかに
 ・左手の3拍目を弱めに


ワルツ9番
 ・ここでも頁をめくってから話しかけるように 世界が変わる
 ・①レガートに コルトーのメトードの指替えの要領で手首を使って
 ・①②③右手は例えば上がヴァイオリン下がホルン等、3つの楽器で奏でるように色彩豊かに弾き分けて、一本調子にならないように
 ・3連符の長さを(突っ込み気味にならず)正確に丁寧に


ワルツ9番
 ・1拍目をスタカート気味に どんどん前に前に攻める感じで
 ・但し指を鍵盤から離さずに 指を上げずに手首を下げると思い感じとなるので手首は上げて
 ・フェルマータの前に呼吸して主題の終わりに備える


ワルツ9番
 ・それまではアッチェレランド気味でいいが、最後の主題に戻ってからは優雅に落ち着いて
 ・ここでも終わりの音は丁寧に

・強弱のメリハリを付けて
・技術的には問題ないので世界観を持って物語の変わり目に呼吸し、違う世界が拡がるよう色彩豊かに弾けるといい
・次回で仕上げ
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

へべれK

Author:へべれK
子供の時にちょっとだけピアノを習っていましたが終わった教材はバイエルだけ。
「お父さんのためのピアノ講座」(NHK教育テレビ)を見て触発され、この位なら自分にも弾けそうと思い30代半ばにして再開。
電子ピアノは娘が懸命にピアニカを演奏する姿にピアノがあったらさぞや喜ぶと思い購入済み。
ところがピアノはそんなに甘いものではなく、全く思うように指が動かない。
練習曲を買って半年間練習してみたけれども進め方がわからない。
これはレッスンに通うしかないとピアノ教室入会を決意。
(ピアノ教室のキャンペーン期間中で、入会者には焼肉レストラン招待券進呈が、決意を確固たるものに)

それ以来、下手の横好きでピアノを愛するへべれKです。

レッスン&オフ会記録
にほんブログ村
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ初心者へ にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ
キロック友の会
キロック友の会
イラスト けんば~んさん作
リンク
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

brogram
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。